syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

《お爺の脳にシゲキックス!オルタナご飯^@^》『ヤン・ガルバレク(Jan Garbarek)/オフィチウム(Officium)』・~>|ヤンヤヤン 闇をつんざく グレゴリオ聖歌!v^^|<~・

f:id:syogai1programa:20200513155349j:plain
マ緑の葉っぱの上で・・・
萌葉が紅く燃えています!v@v@v@v!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ヤンヤンややんの
ヤン・ガルバレク
こんなのやってたんだね!@|@!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

グレゴリオ聖歌」っちゅうと・・・
バチカンで「西本智実」が『「オラショ」』を
毎年演ってましたが今年は残念!<;・;>!

ところで・・・
よく聞きますが
グレゴリオ聖歌』というのは・・・
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
グレゴリオ聖歌グレゴリオせいか、グレゴリアン・チャント)は、
西方教会の単旋律聖歌(プレインチャント)の基軸をなす聖歌で、
ローマ・カトリック教会で用いられる、単旋律、無伴奏の宗教音楽。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』より

っま、
男と女で歌っても
同じメロディーを歌えば
オクターブ違ってもいいのかね?_?

あいかわらず
ようわからんにゃあ!>。?
ダウド!ダウド!ダウド!ダウド!ダウド!

っまおいといて・・・
やっぱヤンの音は
透明感あるねえ!<@・@>!

おっと、
ひょっとして
これはもう
グレゴリオ聖歌』とは
言えないのではないでせうか!>?<!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!

んなことは
どうでもいいほど
荘厳で美しくかつ近代的な
音霊アルバムじゃ!v^^v!
聴きませう!^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Jan Garbarek/Officium【AMU

f:id:syogai1programa:20200501083019j:plain
Jan Garbarek/Officium【AMU
01. Parce Mihi Domine(主よ、わたしを見逃してください){6:44}
02. Primo Tempore(はじめは){8:03}
03. Sanctus(サンクトゥス){4:44}
04. Regnantem Sempiterna(とこしえに統べる方を){5:36}
05. Salutaris Hostia(救いなるいけにえよ){4:34}
06. Procedentem Sponsum(寝屋から出て来た花婿を){2:50}
07. Pulcherrima Rosa(この上なく美しいばらが){6:55}
08. Parce Mihi Domine(主よ、わたしを見逃してください){5:35}
09. Beata Viscera [Explicit](祝せられた胎よ){6:34}
10. De Spineto Nata Rosa(いばらの茂みから生じたばらよ){2:30}
11. Credo(クレード){2:06}
12. Ave Maris Stella(幸あれ、海の星よ){4:14}
13. Virgo Flagellatur(かの処女はむちで打たれ){5:18}
14. Oratio Leremiae(預言者エレミアの祈り){5:00}
15. Parce Mihi Domine(主よ、わたしを見逃してください){6:52}

1993年リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
5月13日
<ウォーキング(8.8Km)>