syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

《音楽の楽しい連鎖(Fun-CoNNeX)》「ジーン・ハリス」ーー>>>ハモンド・オルガンの「ジャック・マクダフ」に的中!v^^『Brother Jack McDuff(ジャック・マクダフ)/Screamin'【AMU】』

f:id:syogai1programa:20200831175435j:plain
アオサギさ~ん!>O~I> 涼しそうだねえ!^@^!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

連鎖の元素〈〇(ゼロ)〉:
紗理の【おとなのJAZZ TIME/8月8日】
『Ernestine Anderson(アーネスティン・アンダースン)』/
「Live in New Orleans」

連鎖の元素〈1〉:
『Ernestine Anderson(アーネスティン・アンダースン)』/
「When the Sun Goes Down」

連鎖の元素〈2〉:
『Gene Harris(ジーン・ハリス)』
「Down Home Blues」
***ー***

ということで
「紗理のオトジャズ」から
『Ernestine Anderson(アーネスティン・アンダースン)』
そしてその歌伴トリオのピアノの
『Gene Harris(ジーン・ハリス)』
っで、そのトリオのブルースアルバムに
ハモンド・オルガンでフューチャーされた
『Brother Jack McDuff(ジャック・マクダフ)』へと・・・

音霊矢(OTODAMA ARROW)は
3回放たれてこのアルバムに至りました!m^^m!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

っで、
このアルバムの
〔クレジット〕を見たら!>。@
にゃにゃにゃんと・・・
録音担当はかのゆぶめいな
ルディヴァン==『ルディ・ヴァン・ゲルダー』だった!\^^/!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!

《ラッカー盤カット》って
書いてあるので・・・
オリジナル【LP】レコードの
原盤はこの時代《ラッカー盤》だったんだね!@・@!
ドウヨ!どうよ<?_?>ドウヨ!どうよ<?_?>ドウヨ!

ところでところで
このバンドのギターは
なんとなんとなんと・・・
Kenny Burrellケニー・バレル)」



ここではもう
このギタリストが
誰つながりでここに来たのか
探し疲れるのはやめましょう!^^;;;

疲れたときにも
このハモンド
チルいアトモスで
あなたを包みます!v^^

聴きませう^^v!
マセウ!マセウ!マセウ!

Brother Jack McDuff(ジャック・マクダフ)/Screamin'【AMU

f:id:syogai1programa:20200828175553j:plain
Brother Jack McDuff(ジャック・マクダフ)/Screamin'【AMU

1. He's a Real Gone Guy{6:04}
2. Soulful Drums{4:16}
3. After Hours{4:31}
4. Screamin'{6:33}
5. One O'Clock Jump{5:48}
6. I Cover the Waterfront{3:13}

Jack McDuff(org)
Leo Wright(as)
Kenny Burrell(g)
Joe Dukes(ds)
Van Gelder(Recorded By, Lacquer Cut By)
     ( 録音 、ラッカー盤カット)

1962年10月23日
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

1963年オリジナル【LP】リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
8月31日
<ウォーキング(3.6Km)>