syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

《音楽の楽しい連鎖(J-001~1)》Esperanza Spalding(エスペランサ・スポルディング)のグラミー賞受賞アルバムでフューチャーされていたテナーの「Joe Lovano(ジョー・ロヴァーノ)」って<?_?>

f:id:syogai1programa:20200902172306j:plain
ほんとに・・・
夏の盛りの
お花さんどすにゃ!@><@!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

なんか
だれかの
アルバムを聴くと・・・

うんっ?
このアルト・サックス
ほかにどんなん演ってるのかな?_?
とかとかリンリンとかリンリン

おんにゃ?_?
このヴォーカルいいやん^_
なんかアルバムさがそっかにゃ!>。+
トカトカりんりんトカりんりん

そんな感じで
つぎからつぎから
探して探して探して・・・
探し疲れて寝ましょうかね!=・=!
とかとかリンリンとかリンリン

っまおいといて・・・

いつかどこかで
この連鎖を整理するために
というかなんとかしないと
ドタマの中がグチャグチャするので・・・

今回から
(連鎖番号)ってのを
ひっつけてみましたゾイっ!v^^
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

っで、
表題のごとく
ちびっと気になった
テナー・サックスの
「ジョー・ロヴァーノ」です

いろんな人と
セッションしていますが・・・
まずはピアノの「ハンク・ジョーンズ」との
デュオ・アルバムで取っ付きくっ付きしてみませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!マセウ!マセウ!マセウ!マセウ!

ニューヨークのジャズクラブ<Dizzy's Club>でのライブ盤です!\^^/!

じつはこの後というか
セッション・メンバーによっては
「ジョー・ロヴァーノ」はけっこう
モッダ~ン&フリーな感じを盛り盛りに
両手を広げて、モッダ~ン、モッダ~ン
空~にむかって、モッダ~ン、モッダ~ン
ってな感じに上昇していくのでございモス!+・+!

たとえば、
ドラムの「ポール・モチアン
へてから
ギターの「ビル・フリゼール
とのトリオなんか・・・

へてからへてから
トランペットの「デイブ・ダグラス」と演ってる
2013年の『モントレー・ジャズ・フェスティバル』とか
色々楽しい、あなたをホワンホワンさせちゃう演奏が・・・
いっぱいおっぱい(?)いっぱいおっぱい(?)ありますです!v^^v!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

まあまずは
このじっくり楽しい
ハンク・ジョーンズ」とのアルバムをば・・・

聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Joe Lovano(ジョー・ロヴァーノ)、Hank Jonesハンク・ジョーンズ)/Kids(Live At Dizzy's Club Coca-Cola)【AMU

f:id:syogai1programa:20200831174700j:plain
Joe Lovano(ジョー・ロヴァーノ)、Hank Jonesハンク・ジョーンズ)/Kids(Live At Dizzy's Club Coca-Cola)【AMU

01. Lady Luck (Live){8:34}
02. Charlie Chan (Live){5:37}
03. Lullaby (Live){8:08}
04. Little Rascal On A Rock (Live){6:36}
05. Budo (Live){4:05}
06. ソウルトレイン{7:33}
07. Kids Are Pretty People (Live){7:34}
08. Oh, What A Beautiful Mornin' (Live){4:19}
09. Oh! Look At Me Now! (Live){2:46}
10. Four In One (Live){5:54}
11. Lazy Afternoon (Live){8:27}

Hank Jones(p)
Joe Lovano(ts, ss)

2006年4月27日、28日
Dizzy's Club Coca-Cola at Jazz At Lincoln Center, New York City

2007年リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
9月2日
<ウォーキング(4.6Km)>
<ウォーキング/ジョグ>
   FLEX・インドア<自走式トレッドミル(4.6Km/45分)>