syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

音楽の楽しい連鎖(2021)~>放て音玉矢<012>|『The Gary Burton Quartet(ゲイリー・バートン・カルテット)/Duster(ダスター)』|{ゲイリー・バートン+ラリー・コリエル}ってどんな味よ!<?・?>!

f:id:syogai1programa:20210302104958j:plain
お城のカピちゃんは・・・
和名は
天竺鼠(オニテンジクネズミ)
っていうのか!>。@

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ラリー・コリエルというと
どうしても[オレゴン(Oregon)]を
思い浮かべてしまうのはなぜナゼな~ぜ!<?_?>!

このアルバムで
カブってしまうのかもネ!>。・
ドウヨ!どうよ<?_?>!ドウヨ!

オレゴンというと・・・

この二枚のアルバムの
パーソネルを見てみると
 Glen Moore(b)
 Ralph Towne(g)
 Collin Walcott(perc)
この三人が一緒だもんねえ!^*^

ほかにも
ラリー・コリエル
[Biréli Lagrène(ビレリ・ラグレーン)]とスイスで

[Emily Remler(エミリー・レムラー)]という
〈"Blues for herb" Emily Remler〉

こんなブルースがいかしてるギター女子とデュオってる!v^^
場所はラスベガスのダウンタウンのホテル!>+<!

ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

このアルバムが
1967年リリースなので
JAZZの世界もいろいろと
みんな新しい音を求めて・・・

 う~ん、
 モードっちゅうのも
 なんかなあ!>?<!
」とか

 フリーも
 終わっちゃったかも!>。・
 ってな感じだし!>|<!
」とかとかりんりん

っで、
ゲイリーも
ラリーの音になにかを
感じたんだけどなあ!<+・+>!
〈The Gary Burton Quartet - General Mojo's Well Laid Plan (HQ Audio)〉
[
]

っま、
んなこと
言ってないで
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!
 
The Gary Burton Quartet(ゲイリー・バートン・カルテット)/Duster(ダスター)【AMU】【SPD

f:id:syogai1programa:20210302050410j:plain
The Gary Burton Quartet(ゲイリー・バートン・カルテット)/Duster(ダスター)【AMU】【SPD

1. Ballet{4:57}
2. Sweet Rain{4:25}
3. Portsmouth Figurations{3:05}
4. General Mojo's Well Laid Plan{4:58}
5. One, Two, 1-2-3-4{5:56}
6. Sing Me Softly of the Blues{4:03}
7. Liturgy{3:25}
8. Response{2:15}

Gary Burton(vib)
Larry Coryell(g)
Steve Swallow(b)
Roy Haynes(ds)

1967年4月18日~20日
RCA Victor's studio B, New York City.

1967年オリジナル【LP】リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
3月2日
<ウォーキング(0.0Km)>
 今日は雨で沈殿じゃ!|;|!
 っとおもったら4時前に晴れたので!^^

<ウォーキング(3.6Km)>