syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

お爺の漁場(2021)《radiko~釣果No.54》|『Vijay Iyer & Craig Taborn(ヴィジェイ・アイヤー & クレイグ・テイボーン)/The Transitory Poems【AMU】【SPD】』|【[FMとやま]山中千尋 〔いつだって T-TIME〕/7月29日(木)】|どっかで聴いたような響きが・・・!<?>~<・>!

AMU】==【AmazonMusicUnlimited】
SPD】==【SpotifyDownloads】
f:id:syogai1programa:20210809151708j:plain

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Vijay Iyer(ヴィジェイ・アイヤー)]さんは
どこの人ですかね!<?_?>!
ドウヨ!どうよ!<?_?>!ドウヨ!

ニューヨーク生まれの
インド系移民の2世のようどして・・・
U.C.バークレーの博士さんで現在は
ハーバード大学の芸術科学学部のなんちゃらいう
〈フランクリン•D、フローレンス・ローゼンブラット教授〉
どんなんよ!<?_?>!ホリャホリャ!どんなんよ!<?_?>!
UNIVERSAL MUSIC JAPAN:Biography〉

このコンテンポラリー度満点の
ピアノデュオの音霊は何なのどすか!<?_?>!
ドスカナン!ナノドスカ!ナンナノド!スカナンナ!
#もうやめたほうがいいよ!~_

っで、
〔Liszt Academy,Budapest〕とかいう
ブダペストのライブハウスでのライブかと・・・
飛んでもハップン歩いてジュップン!<@~@>!
〔リスト音楽院〕でのライブのようです!m^^m!

やっぱセンセー
演るとこ小洒落すぎ!\^^/!
ドナウ川のほとりどすよ!\・^+^・/!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

っまおいといて・・・

デュオの相方の
[Craig Taborn(クレイグ・テイボーン)]てのも
やっぱセンセーでセンセー・デュオなのでせうかね!<?_?>!
ドウヨ!どうよ!<?_?>!ドウヨ!どうよ!<?_?>!ドウヨ!

やっぱセンセーは
モードじゃあ飽き足らないんだね!`・`!
どうよ!<?_?>!ドウヨ!どうよ!<?_?>!

だって
モードって
1960年にはこの
マイルスの「Kind Of Blue」で終わってて^・^;
             ^^^^^#終わってない終わってない!~_

一見自由な感じだけど・・・
なんか「おめーらクロマチックで遊んどけ!^@^!」
みたいな感じもあってなんかお部屋の中でマラソンしてるような・・・
虎さんがオリの中であっちいったりこっちいったりしてるような・^・^・
ウンニャコリャ!ポッチョンデ!トレトレポンキュ!シッテントロットポメチョ!

だからやっぱ
セリエルのような
コンテンポラリー音玉園に
ジャズ音霊果実木をブリコラして・・・

まあ、
薀野蓄太郎は
あっちへいってもらって^・^;^・^;^・^;

聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Vijay Iyer & Craig Taborn(ヴィジェイ・アイヤー & クレイグ・テイボーン)/The Transitory Poems【AMU】【SPD

f:id:syogai1programa:20210801171708j:plain
Vijay Iyer & Craig Taborn(ヴィジェイ・アイヤー & クレイグ・テイボーン)/The Transitory Poems【AMU】【SPD

1. Life Line (Seven Tensions){13:02}
2. Sensorium<or Jack Whitten>{04:17}
3. Kairòs{08:56}
4. S.H.A.R.D.S.{09:11}
5. Shake Down{06:40}
6. Clear Monolith<for Muhal Richard Abrams>{10:46}
7. Luminous Brew<for Cecil Taylor>{08:17}
8. Meshwork / Libation / When Kabuya Dances<for Geri Allen>{12:48}
8.1. Meshwork
8.2. Libation
8.3. When Kabuya Dances

Craig Taborn(p)
Vijay Iyer(p)

2018年3月12日
Live at Liszt Academy,Budapest

2019年リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
8月9日
<ウォーキング(4.2Km)>