syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

お爺の漁場(2022)《本棚から脳に栄養補給!v^^<No.7>》|『ドナルド・バード(Donald Byrd)/Fuego(フュエゴ)【AMU[HD]】【SPD】』|このアルバム聴いて君は何思う!<?_?>!ファンキ-・モンキ-・ベイビー!>?・?<!

AMU】==【AmazonMusicUnlimited】
SPD】==【SpotifyDownloads】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ソース本:『ジャズの明日へ~コンテンポラリー・ジャズの歴史~/村井康司河出書房新社』<P16>

自分は
ペット吹きだったのに
ドナルド・バード
ジェンジェンジェジェンのジェン
思い浮かばないし音も浮かばないニャあ^・^;;;
ドニャンコ!クロバベッチ!シトロニュンデンコ!ポシュット!

いままでにも
たぶん聴いてはいると思うけど・・・
ドウヨ!どうよ!<?_?>!ドウヨ!

〈UKジャズ関連で〉
Donald Byrdドナルド・バード)/Places and Spaces』

〈同じくUKジャズ絡みで〉
Donald Byrdドナルド・バード)/Stepping into Tomorrow』

両アルバムともに
1970年代の半ばに
ハリウッドで録られた
バックヴォーカル付きの
豪華なバンドの演奏ですにゃ!@~@!
<bBb>このアルバムも音出てこにゃ~!^;^・^;

さてさて
今回のこのアルバムの
メンバーはどうなの(?_?)
サックスのソロが多いけどね!>?<!
ドウヨ!どうよ!<?_?>!ドウヨ!

ドナルド・バード(Donald Byrd){tp}
ジャッキー・マクリーン(Jackie Mclean){as}
デューク・ピアソン(Duke Pearson){p}
ダグ・ワトキンス(Doug Watkins){b}
レックス・ハンフリーズ(Lex Humphries){ds}
録音:1959年10月4日
Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey

ブルーノート盤なんで
もしやもしやと思ったら
やっぱルディヴァンのシワザだった!v^^v!

ほいで~え~!・~・!
このアルトどっかで・・・
ッと思ったらやっぱ・~?~・
ドウヨ!どうよ!<?_?>!ドウヨ!

ジャッキーさんだった!\^^/!
どうだどうだのドウダンツツジ!|@|!

この時期の
ジャッキー・マクリーン
58年のソニー・クラークの名盤
Sonny Clark/Cool Struttin'』

へてから
60年のフレディ・レッドのアルバム

 Freddie Redd(フレディ・レッド)/
 Shades of Redd(シェイズ・オブ・レッド)

ぜ~んぶ
[ルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder)]の
お仕事どす!v^^v!
ドウジャ!x8!ドウジャ!x8!ドウジャ!x8!

でもやっぱ
インプロ歌えるのは
マイルスしかないニャあ!v^^v!
パッツパ~ラパッツパ~~
パッツパッツパッツパラパ~~~
ってな感じにネ!\^^/!

っまおいといて・・・

聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

ドナルド・バード(Donald Byrd)/Fuego(フュエゴ)【AMU[HD]】【SPD

〈Fuego (Rudy Van Gelder Edition/2005 Remaster)〉

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
6月13日
<ウォーキング(2.8Km)>