syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

お爺の漁場(2022)《本棚から脳に栄養補給!v^^<No.8>》|『オーネット・コールマン(Ornette Coleman)/Free Jazz:A Collective Improvisation【AMU[ULTRA HD]】【SPD】』|あるきながら聴いてもツマズイテこけないゾッと!v^^v!

AMU】==【AmazonMusicUnlimited】
SPD】==【SpotifyDownloads】

なんか・・・
「金色」のが・・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ソース本:『ページをめくるとジャズが聞こえる/村井康司シンコーミュージック・エンタテイメント

上記本の148ページ~>
「この市街戦は前衛ジャズそのものだ」
――佐藤泰志の文学とジャズ

ここに・・・
 「市街戦」っぽいオーネットの演奏というと、
 ダブル・カルテットによる『フリー・ジャズ
 あたりだろうか・・・
ってな具合に登場するが!^*^!

《ダブル・カルテット》というのは

ステレオ録音の
《左チャンネル》に
オーネット・コールマン(Ornette Coleman)<as>
ドン・チェリー(Don Cherry)<tp[Pocket]>
スコット・ラファロ(Scott LaFaro)<b>
ビリー・ヒギンズ(Billy Higgins)<ds>

《右チャンネル》に
エリック・ドルフィー(Eric Dolphy)<b-cl>
フレディ・ハバード(Freddie Hubbard)<tp>
チャーリー・ヘイデン(Charlie Haden)<b>
エド・ブラックウェル(Ed Blackwell)<ds>

録音:1960年12月21日 ニューヨーク、A&R スタジオ

という
それまでには
誰も考えつかなかった
録音技術を駆使している!v^^
ドウジャ!x3!ドウジャ!x8!ドウジャ!x38?!
#うそじゃないっしょ!~_

こんな事する
録音担当はだれじゃ!<?>!
ウンジャコリャ!デテコイッツ!ジョロット!

[Tom Dowd(トム・ダウド)]じゃ!|@|!
ルディヴァンじゃなかったか!|;|!
ダウド!ダウド!ダウド!ダウド!ダウド!
#バカッシャレてるんじゃねえ!~~~_~~~!

っまおいといて・・・

オーネット・コールマンが安物のプラスティック製サックスで生み出し、マイルスでさえ動揺を隠せなかった「フリー・ジャズ」の誕生と存在意義〉

う~ん、
左チャンと右チャンから
別のクァルテットが演るんだけど
だからといって違和感全くなし!v^^v!
どうだどうだのドウダンツツジ!コレソット!
#ええっちゅうのにもう!~_

このアルバムを
歩きながら聴きながら
舌パッチンで演奏に参加してたら
すれ違いのおばちゃんが変顔してた!^・^;
ドウジャ!x8!ドウジャ!x8!ドウジャ!x8!

でもね、
それくらいに
違和感なく聴ける
ゼンエー!前衛!ゼンエー!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!

っまおいといて!x2!

左チャンネルの
ベースの[スコット・ラファロ(Scott LaFaro)]が
右チャンネルの
ベースの[チャーリー・ヘイデン(Charlie Haden)]と替れば
オーネットの代表作
オーネット・コールマン/The Shape Of Jazz To Come』

このアルバムのクァルテットじゃ!v^^v!
ドウジャ!x2!ドウジャ!x5!ドウジャ!x1!

へてから・・・

右チャンの
2管が演ってるアルバムが
エリック・ドルフィーの代表作
Eric Dolphy/Out To Lunch!』

いろいろあるけど・・・
っまおいといて!=^=!

聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

オーネット・コールマン(Ornette Coleman)/Free Jazz:A Collective Improvisation【AMU[ULTRA HD]】【SPD

Ornette Coleman - Free Jazz (1961) (Full Album)〉

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
6月14日
<ウォーキング(8.0Km)>