syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

お爺の漁場(2022)《本棚から脳に栄養補給!v^^<No.12>》|『Art Blakey & Jazz Messengers(アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ)/Jazz-Messengers au Club St.Germain(サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ)【AMU[ULTRA HD]】【SPD】』|興奮して叫ぶヘイゼル!\O・O/!「オー!神様、仏様!マーシー・マーシー・マーシー!」#んなことイッてねえよ!~_

AMU】==【AmazonMusicUnlimited】
SPD】==【SpotifyDownloads】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ソース本:『ジャズの明日へ~コンテンポラリー・ジャズの歴史~/村井康司河出書房新社』<P16>
<第1章>『60年代ジャズを俯瞰する』
〔ある失楽園・・・・・・「ファンキー・ジャズ」からリアルな世界へ〕

この本の中の
アルバム紹介で村井はこの
『サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ』について

 ・・・・・
 「モーニン」のピアノ・ソロの最中に、客席にいた
 歌手のヘイゼル・スコットが感動のあまり「ロード・
 ハヴ・マーシー!」とうめく・・・

とあるので
ここまで聴き込んでいるとは
すんばらしいさすがかも!m^^m!
ドウヨ!どうよ!<?_?>!ドウヨ!

っと思ったら・・・
思ったあたしが馬鹿だった!^・^;
ダウドッテン!コロリンショット!ポケッキュ!

トラック名は
「Moanin' With Hazel」で
トラック名にもそのエピソードの象徴が!^@^!
#アルバム聴いててわかんなかったのかい!~_

〈ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ:メッセンジャーズ最高のライブ盤〉

〈Jazz Tokyo:ジャズ・ア・ラ・モード# 27. ヘイゼル・スコットのスインギング・クラシカル・エレガンス〉

っまおいといて・・・

[Art Blakey & Jazz Messengersアート・ブレイキージャズ・メッセンジャーズ)]は
2枚しか持ってないなあ!`*`!
『モーニン』

チュニジアの夜』

っまっまおいといて・・・

ヘイゼルさまの
弾き語りが聴きたいけど
あるかなあ?・?・?・?
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

〈Hazel SCOTT " A Foggy Day " !!!〉

っで、探したら・・・
最近マスタリングし直した
このアルバムがあったゾッと!v^^
放てーーーーー>>>
音玉矢(OTODAMA・ARROW)===>>>
『Hazel Scott(ヘイゼル・スコット)/A Foggy Day(ア・フォギー・デイ)【[HD]】【SPD】』

ということで・・・

本題のアルバムをば
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Art Blakey & Jazz Messengersアート・ブレイキージャズ・メッセンジャーズ)/Jazz-Messengers au Club St.Germain(サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ)【AMU[ULTRA HD]】【SPD

〈Art Blakey and the Jazz Messengers - Moanin’ with Hazel〉

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
6月21日
<ウォーキング(6.3Km)>
<ジョグ>
   FLEX片男波公園突堤突端折返し<8.1Km>