syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

お爺の漁場(2022)《本棚から脳に栄養補給!v^^<No.13>》|『カーティス・メイフィールド(Curtis Mayfield)/People Never Give Up【AMU[HD]】【SPD】』|お願い言わせて〘おら知んね!〙^・^;;;

AMU】==【AmazonMusicUnlimited】
SPD】==【SpotifyDownloads】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ソース本:『ジャズの明日へ~コンテンポラリー・ジャズの歴史~/村井康司河出書房新社

<第1章>
『60年代ジャズを俯瞰する』の最初の
〔ある失楽園・・・・・・「ファンキー・ジャズ」からリアルな世界へ〕/P20

上記本の20ページに
ほんのちょこっとだけ

 ・・・カーティス・メイフィールドのファルセット・ヴォイスが
 ワウワウ・ギターの上に乗り、そこにストリングスがかぶさって
 くるときのくらっとする感じ、とか。
 ・・・・・

この記述になぜか
ひっかっかってしまった!v^^
たぶん『おら知んね!』情報取込口が
活性化したのでせう!^~^!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!

『ファルセット』は
|浜辺の一人カラオケ|==
~ジョグ・ウィズ・シング~で


オキシトシンセロトニン瀑出じゃ!v^^v!
ドウジャ!x8!ドウジャ!x8!ドウジャ!x8!

っまおいといて・・・

っで、
カーティスの
どのアルバムを聴こうかな?・?
って探したけど特にこれ聴きたいっ!^+
てのがないので一番新しい2020年リリースの
『People Never Give Up』ってのを選んだけど・・・
どうよ!<?_?>!ドウヨ!どうよ!<?_?>!

カーティス・メイフィールド(Curtis Mayfield)]は
山下達郎(Tatsuro)]もよく聴いたらしくて・・・
『There’s No Place Like America Today』は

 ・・・・・
 1975年のカーティス・メイフィールドの・・
 あんまり有名なアルバムじゃないんですけど、私、これがもうほんとに、
 人生で一番、1一、二を争う最も聴いたアルバムであります。
 
 ほんとに、なんか・・
 心がですね、弱い時に、これを聴くとですね、
 カーティス・メイフィールドの声が、
 なんて言いましょうか、説得するとか、
 そういうんじゃなくて、優しく包んでくれる。
 
 ある種、宗教的なですね包容力を持ってる、
 そうしたアルバムだと思いました。
 ・・・・・
」〈山下達郎 OFFICIAL SITE〉

放てーーーーー>>>
音玉矢(OTODAMA・ARROW)===>>>
カーティス・メイフィールド(Curtis Mayfield)/There’s No Place Like America Today【AMU[HD]】【SPD】』

それからそれから
山下達郎11年ぶりの
ニューアルバムをリリース!v^^v!
『SOFTLY』

ソ~フトゥリ~~
アズィンザモーニン
サンライ~ズ・・・・・
#違うっしょ!~_
<bBb>達っちゃんは配信ないので【LP】買いませう!v^^v!
    ^^^^友達かいっ!~~_    マセウ!マセウ!マセウ!

なんかようわかりませんが・・・

兎にも角にも
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

カーティス・メイフィールド(Curtis Mayfield)/People Never Give Up【AMU[HD]】【SPD

〈ムーヴ・オン・アップ  カーティス・メイフィールド

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
6月24日
<ウォーキング(2.5Km)>