syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

お爺の漁場(2022)《本棚から脳に栄養補給!v^^<No.14>》|『Cannonball Adderley(キャノンボール・アダレイ)/Cannonball Adderley Quintet In Chicago(キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ)【AMU[HD]】【SPD】』|アルト(キャノンボール)とテナー(コルトレーン)のインプロ・バトルはどげな感じよ!<?>o<?>!

AMU】==【AmazonMusicUnlimited】
SPD】==【SpotifyDownloads】

ララミー牧場」から見ると・・・
ヤッホー!v^^
建物透しちゃったよ^^v!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ソース本:『ジャズの明日へ~コンテンポラリー・ジャズの歴史~/村井康司河出書房新社

<第1章>
「一九五九年」を聴く(1)・・・・・・『カインド・オブ・ブルー』とモード
〔『キャノンボール・アダレイ・イン・シカゴ』について〕/P30

上記本の32ページの終わりごろから
33ページにわたっての記述を読むとーーー>

 ・・・・・
 圧倒的にスウィングする極上のリズム・セクションに乗って、キャノンボール
 コルトレーンが、見事なまでに対照的な、それでいて微妙なところで互いの影響
 を受けたサックス・バトルをたっぷりと聴かせる………という点が、 このアルバム
 の最大の聴きどころなわけだが、日常的に共演しているメンバーによる演奏なら
 ではのまとまりのよさと、いつもとは違うシチュエーションが与えた新鮮な緊張
 感、それと裏表の関係にある「マイルスがいない」ことによる解放感が理想的な
 バランスでブレンドしたことが、これほどまでに充実した内容の作品が録音され
 たいちばんの理由なのだと思う。「ライムハウス・プルース」でのスリリングな
 八小節〜四小節交換、コルトレーンの難曲「グランド・セントラル」でのフロン
 ト二人のシリアスなソロ、それとは対照的にリラックスした曲想で、二人がそれ
 ぞれの本領を発揮する「ワバッシュ」、ソロを取る三人が三様のブルース解釈を
 提示する「ザ・スリーパー」と、「これぞジャズ」の醍醐味が、このアルバムに
 はぎっしりと詰まっている。そして、キャノンボールをフィーチュアした「星降
 るアラバマ」の暖かい土の匂いと、コルトレーンのとつとつとした吹奏が胸を打
 つ「ユーアー・ア・ウィーヴァー・オブ・ドリームス」の、まったく対照的な、
 しかしどちらもが信じられないほどにすばらしいバラード演奏も。
 ・・・・・

このアルバムは
4年前にレヴュってるんだけど
Cannonball & Coltrane/Cannonball & Coltrane』

この本を読んでから聴くとどうなるのか
しっかりコンコンと味わって聴いてみませう!v^^
マセウ!x8!マセウ!x8!マセウ!x8!マセウ!x8!

ちょっと待てイッ!|・|!
こんな【LP】もレヴュってるけど・・・
中身はいっしょじゃないのけ<?>・<?>
Cannonball AdderleyCANNONBALL&COLTRANE』


マーキュリーの
サイドレーベルで
「Limelight(ライムライト)」ってのかい!^+^!
ひょっとしてレア物なのかニャあ!<+>^<+>!

っまおいといて・・・

っで、
聴いてみてどうっすか?_?
ドウヨ!どうよ!<?_?>!ドウヨ!

村井さんほど
聴き込むニャあ
最低でも10回は聴かないとね!^・^;
ウンニャコリャ!ポッポ!キッチュンデニュ!
#ごまかすんじゃねえ!~_

ということで・・・
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Cannonball Adderleyキャノンボール・アダレイ)/Cannonball Adderley Quintet In Chicago(キャノンボール・アダレイクインテット・イン・シカゴ)【AMU[HD]】【SPD

〈Stars Fell On Alabama〉

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
6月29日
<ウォーキング(5.8Km)>