syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

お爺の今日なに聴こうかな~ちょっとクラシック気分~(2022)《No.4》|『バッハ:カンタータ第208番《楽しき狩こそわが悦び》(狩のカンタータ)、第210番《佳き日、めでたき時》【CD】』|なんでも聴いてちょうだい!^~^!

AMU】==【AmazonMusicUnlimited】
SPD】==【SpotifyDownloads】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

表題のとおり
《No.4》ということは
いかにクラシックを聴かないか!^・^;;;
どうよ!<?_?>!ドウヨ!どうよ!<?_?>!


へてから、
いまだ《習慣化》されない
「バッハの《カンタータ》のナガラ聴き」
ドウヨ!どうよ!<?_?>!ドウヨ!

ということで・・・
#どういうこっちゃ!~_

バッハの
《教会》じゃなくて
《世俗》のほうのカンタータ
〈図書館〉で借りてきた【CD】で
聴いたゾッと!v^^v!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!

日本の「ポリグラム」が
「バッハ全集」のうちの
カンタータ」のうちの
世俗カンタータ」をシリーズにして
カンタータ33/世俗カンタータ(7)として

第208番《楽しき狩こそわが悦び》
(狩りのカンタータ)BWV208
Kantate Nr.208 "Was mir behagt, ist die muntre Jagd"(JagdKantate)BWV208

第210番《佳き日、めでたき時》
BWV210
Kantate Nr.210 "O holder Tag, erwünschte Zait"BWV210

Edith Mathis(エディット・マティス)<ソプラノ>
Arleen Augér(アーリン・オジェ―)<ソプラノ2>
Peter Schreier(ペーター・シュライアー)<テノール
Theo Adam(テオ・アーダム)<バス>
Lucia Popp(ルチア・ポップ)<ソプラノ>

ペーター・シュライアー(Peter Schreier)指揮
ベルリナー・ゾリステン(Berliner Solisten)

1976年10月、12月[BWV208]、1981年[BWV210]
ベルリン、キリスト教

もとの【CD】は
たぶんこれだと・・・
〈Discogs〉

っで、
配信探したら
ありもした!v^^v!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

ほいじゃあ・・・
狩りをしナガラ
バッハのこのカンタータ

ナガラ聴きしませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!マセウ!マセウ!

『バッハ:カンタータ第208番(狩りのカンタータ)、第210番《佳き日、めでたき時》【CD】』

〈J. S. Bach: Cantata Nº 208, 'Sheep May Safely Graze', BWV 208〉

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
7月16日
<ウォーキング(7.6Km)>