syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

お爺の漁場(2022)《本棚から脳に栄養補給!v^^<No.17>》|『チャーリー・パーカー(Charlie Parker)/Charlie Parker Plays Cole Porter(チャーリー・パーカー・プレイズ・コール・ポーター)【AMU[ULTRA HD]】【SPD】』|どれだけ聴けば〘あっ!^v^!〙ってフニオチルの?!おせーて|養老孟司|大センセーさま!m^_O^!

AMU】==【AmazonMusicUnlimited】
SPD】==【SpotifyDownloads】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ソース元:『リマリックのブラッド・メルドー〈ポスト・ジャズからの視点〉Ⅰ/牧野直也/アルテスパブリッシング』P18

このパーカーのアルバムは
牧野によれば・・・
 スピーカー(サンスイの「SP-50」)を
audio-heritage.jp
 ガンガン鳴らしながら毎日聴いていると・・・
 あ~る日突然、パーカーの「言ってること」が
 分かるようになった。^~^
とさ!v^^v!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!

っで、
蘊野蓄太郎はいう!^O^!

 ・・・
 この「分かる」という感覚は言語に翻訳することが難しい。
 にもかかわらず言葉を聞いて「分かる」ということとまったく
 同じ感覚が訪れるのだ。そもそも言葉における「分かる」とは
 いったい何なのか。そのことが先に問われるべきだが、脳科学
 などの知見に頼るならば、そこには・・・
 ・・・・・

てな感じで蓄太郎はのたもう!m^^m!
ドウジャ!x2!ドウジャ!x5!ドウジャ!x1!

っでっで、
この問題意識は
バカのセンセー==
#ひつれ~な!~_
養老孟司の『唯脳論』によって
完璧に粉々になってご飯のフリカケと化した!\^^/!
トサッピュ!ジャンジャンコレポン!トサッキュ!コレポンダ!

っで、
このアルバムの
パーソネルはというと

〔Personnel〕
Charlie Parker(as)
Billy Bauer(g)
Walter Bishop(p)
Teddy Kotick(b)
Arthur Taylor(ds)
〔録音〕
1954年3月31日、12月10日、ニューヨーク

ギターの
[ビリー・バウアー(Billy Bauer)]は
ちょいこのまえ知りもしたなあ!v^^


ピアノの
[Walter Bishop Jr.(ウォルター・ビショップ・ジュニア)]は

ベースの
[Teddy Kotick(テディ・コティック)]は

ドラムの
アート・テイラー(Arthur Taylor)]は



Art Taylor】で探すと・・・
たくさんあるニャあ!v^^






ということで・・・

聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

チャーリー・パーカー(Charlie Parker)/Charlie Parker Plays Cole Porterチャーリー・パーカー・プレイズ・コール・ポーター)【AMU[ULTRA HD]】【SPD

〈I've Got You Under My Skin〉

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
8月16日
<ウォーキング(5.2Km)>
<ジョグ>
   FLEX片男波公園突堤途中折返し<6.2Km>