syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

いきなり「しげのゆうこ」いってみよー!v^^

f:id:syogai1programa:20190619170626j:plain
銀座の屋上にも「紫陽花」
学生バンドのドラムのMくんとLINEでチャットしていたら、最近聴いたライブ
ハウスのライブの写真が貼られていた。そこには、アニメ美少女のような
『しげのゆうこ』がMくんと写っていた!>。@
<bBb>^_^<bBb>
写真貼れないのが残念!^・^!

同じ学生バンドの後輩でプロミュージシャンになった「出口辰治(vib)」の
バンドのドラムだった「高橋徹(ds)」を引き連れての名古屋でのライブだ!v^^

っで、残念ながら「しげのゆうこ」のヴォーカルの音源ははられていなかった
ので、ちょっと気になって【AMU】してみる==「アムッテみる!」
どうじゃ、ググルに対抗してアムルはどうじゃ!v^^
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

そしたら、えれーもんが釣り上がったよ!@_@!
ナンヨ!モモンガ!ナンヨ!モモンガ!ナンヨ!モモンガ!

かのゆぶめいなピアノ弾きの
「サイラス・チェスナット」と
ニューヨークで録音したという
たいそういけてる【CD】でござんす!v^^
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!

エリック・クラプトンの「TEARS IN HEAVEN」やら
エラ・フィッツジェラルド」を意識したか
スキャットアドリブ満載の「MACK THE KNIFE」
はてはアデルの「ROLLING IN THE DEEP」まで・・・

早速聴いてみませう!\^^/!
カッセ!ユウコリン!カッセ!ユウコリン!

しげのゆうこ&サイラス・チェスナット/New Romantic Paradise【CD】

f:id:syogai1programa:20190619165928j:plain
しげのゆうこ&サイラス・チェスナット/New Romantic Paradise【CD】
01. Do I Do
02. Tears In Heaven
03. Imagine
04. Blame It On My Youth
05. Rolling In The Deep
06. She
07. Everything Must Change
08. Mack The Knife
09. Loss Of Love
10. Lady Marmalade
11. The Rose

2018年リリース

ほにゃにゃ~

----- ジョグ、トレジョグ、ウオーキング -----
6月19日
ウオーキング:UW1Kg*2:(6.3Km)>

「沖縄の歌」のアルバム聴いて『私の好きな沖縄の歌』プレイリストを作ろうネ(^3^)<8>「かなさ」/いーどぅし

f:id:syogai1programa:20190610174027j:plain
海岸でサンゴの空殻(からから)見つけたり!>。・
<いーどぅし>って
仲良しコンビってことですか!>。^
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

<かなさ>=愛、LOVE

っで、
三線力(ヂカラ)も
ギター力(ヂカラ)も
唄力(ヂカラ)もええなあ!>。@
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

っで、
この「海の声」っちゅうのんは
どっかで聴いたことあるなあ・・・

っで、
この歌って
桐谷健太」の歌でしたか!<@>!

ということで・・・
このアルバムからは
9曲目の『海の声』を選びますネ!\^^/!
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

《沖縄の唄・Ver.3》
8曲選択完遂!\^8^/!
<1>りんけんバンド/「アジマァ」より
『くらぁ小』
<2>チュラマナ/「楽園の虹」より
『天架きる橋』
<3>パーシャクラブ/「kana gana」より
『夏ぬバンジ』
<4>U-DOU&PLATY/「Big Up~我した島沖縄~」より
『ヒージャーメー』
<5>上妻宏光/「GEN-源-」より
『てぃんさぐぬ花』
<6>ビギン/「ビギンの島唄オモトタケオのがベスト」より
三線の花
<7>島唄倶楽部/「美ら島唄」より
三線の花
<8>いーどぅし/「かなさ」より
海の声

いーどぅし/かなさ【CD】

f:id:syogai1programa:20190610173838j:plain
いーどぅし/かなさ【CD】
01. かなさ
02. 君となら
03. エール
04. ひやるがひ
05. もしも
06. 嘘
07. おばぁの涙
08. いちばん桜
09. 海の声(唄・三線・ギター)
10. かなさ(唄・三線・ギター)
11. 嘘(唄・三線・ギター)
12. エール(唄・三線・ギター)

2017年リリース

ほにゃにゃ~

----- ジョグ、トレジョグ、ウオーキング -----
6月18日
ウオーキング(3.2Km)>
ウオーキング・アンクルウエイト(1Kgx2)/ザック(4Kg)>
   FLEX・インドア<自走式トレッドミル(4.5Km/60分)>

「人生が変わる55のジャズ名盤入門/鈴木良雄(ベース)」~ネタ~でプレイリスト作ろう(No.8-2)|「ベイシー・イン・ロンドン」/カウント・ベイシー・オーケストラ[アーティスト第20位]

f:id:syogai1programa:20190613172114j:plain
このモニュメントは、なんですか?_?
カウント・ベイシー
ビッグバンドのアルバムは
なんか持ってたかな?_?
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

ありましたか^^

ビッグバンドは
デューク・エリントン以外は
あんまり聴かないです!>。`

早稲田のハイソなんか
学生バンドとしては超ゆぶめいですがね!>。@

うちの大学には無かったですが
金沢工業大学のビッグバンドは
けっこううまかったですね!>。X

日本でのプロの超有名どころは
原信夫とシャープスアンドフラッツ
そして、宮間利之とニューハード!v^^
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

ところで・・・
鈴木良雄」さんは
どうコメントしてるんですか?_?

鈴木良雄」のひと言:
ALBUM第41位/[アーティスト第20位]

  ・・・
   今、僕のバンド「BASS TALK」で一緒にやっているピアノの野力奏一、
  彼のお父さんが京都の「ベラミ・オールスターズ」というオーケストラ
  のバンマスをやっていました。そこに、カウント・ベイシーが遊びに来
  たらしいんです。彼がポロンポロンとピアノを弾いているのを聴いて、
  野力はその時まだ子供だったらしいんですが、「同じピアノなのに、な
  んでこんなきれいな音が出るんだろう」と感動したそうなんです。
   彼は、「演奏する人」としても素晴らしかったし、アレンジャーとし
  ても一流でした。このアルバムは、朝晴れていて「よし、いくぞ~」み
  たいな時に聴くといいですね。元気になるからね。

<bBb>^_^<bBb>
ほんとに、ピアノの音って不思議ですよね!>。・
弾く人によって別の楽器になっちゃうものね!>。@
なんだろか?その人の指先から出るエネルギー準位の違いとか!>。?
んなわけね~か!^^;
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

【第41位】[アーティスト第20位]
「ベイシー・イン・ロンドン」/カウント・ベイシー・オーケストラ
このアルバムからは
キラキラ光るストッキングみたいに
トランペットのソロがかっこいい!>。@
2曲目の『Shiny Stockings』いきまっしょい!v^^
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

2曲目選択完遂(^2^)
《プレイリスト(No8.-1)》ウェイン・ショーター/「ナイト・ドリーマー」より
『Night Dreamer』
《プレイリスト(No8.-2)》カウント・ベイシー・オーケストラ/「ベイシー・イン・ロンドン」より
『Shiny Stockings』

Count Basie/Basie in London【CD】

f:id:syogai1programa:20190610045352j:plain
Count Basie/Basie in London【CD】
01. Jumpin' At The Woodside
02. Shiny Stockings
03. How High The Moon
04. Nails
05. Flute Juice
06. One O'Clock Jump
07. Alright, Okay You Win
08. Roll 'Em Pete
09. The Comeback
10. Blues Backstage
11. Corner Pocket
12. Blee Blop Blues
13. Yesterdays
14. Untitled
15. Sixteen Men Swinging
16. Plymouth Rock

Reunald Jones(tp)
Wendell Culley(tp)
Joe Newman(tp)
ThadJones(tp)
Henry Coker(tb)
Benny Powell(tb)
Bill Hughes(tb)
Marshall Royal(cl,as)
Bill Graham(as)
Frank Wess(fl,ts)
Frank Foster(ts)
Charlie Fowlkes(bs)
Count Basie(p)
Freddie Green(g)
Eddie Jones(b)
Sonny Payne(ds)
Joe Williams(vcl)

1956年9月7日
Gothenburg, Sweden

1957年【LP】リリース
1988年【CD】リリース

ほにゃにゃ~

----- ジョグ、トレジョグ、ウオーキング -----
6月17日
ウオーキング:UW1Kg*2:(6.1Km)>

「人生が変わる55のジャズ名盤入門/鈴木良雄(ベース)」~ネタ~でプレイリスト作ろう(No.8-1)|「ナイト・ドリーマー」/ウェイン・ショーター[アーティスト第15位]

f:id:syogai1programa:20190613172005j:plain
あれれっ?!いきなりもう「富山駅」前ですか!>。@
ウェイン・ショーター
マイルス・バンド以降しか
聴いたことがなかったようだ^^;;;

最も印象に残っているのは
なんといっても「ウェザー・リポート」ですね!v^^
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

小川隆夫さんの
『ジャズジャイアンツ・インタヴューズ』の
ウェイン・ショーターのインタヴューはどうですか?_?

  ・・・
   なぜジャズに多くのモードが取り入れられたかという理由を私なりに考
  えてみると、モードは世界中の民族音楽の中に含まれる特有の音階(スケ
  ール)を用いた音楽だからだろう。ジャズ・ミュージシャンはジプシーみ
  たいなもので、世界中あちこちを旅している。そうした体験からスケール
  (モード)を知り、覚え、そしてそれらを自分の音楽に反映させてきた。
  それがモード・ジャズの始まりだと思っている。
   よく「モード・ジャズはコードによる束縛からの開放」といわれる。た
  しかに一理はある。でも、実際のところはそんなに大それた考えで生み出
  されたものではないと思う。それは結果論だよ。
  ・・・・・

<bBb>^_^<bBb>
そうか、ジャズ演奏の現場でできてきた
モード・ジャズを、後付で理論化したんだね^^
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

ところで・・・
鈴木良雄」さんは
どうコメントしてるんですか?_?

鈴木良雄」のひと言:
ALBUM第40位/[アーティスト第15位]

   これはすべてウェイン・ショーターの作曲ですが、1曲めは特にいい曲
  ですね。
  ・・・・・
   ウェイン・ショーターはこの頃、ほかにもいいアルバムを作っているん
  ですよね。『スピーク・ノー・イーヴル』や『ジュジュ』はほぼ同じメン
  バーなんですよ。この辺のアルバムはみんないいですよ。学生の時、本当
  に聴きまくりました。。日本人はウェイン・ショーターが好きですよね。
  そういえば彼の最初の奥さんも日本人でした。
  ・・・・・・・

<bBb>^_^<bBb>
う~、残念!>。`
この辺のアルバムは
ジェンジェンジェジェンのジェン
聴いてないにゃあ!>。・
ダウド!ダウド!ダウド!

AMU】で
『スピーク・ノー・イーヴル』と
『ジュジュ』聴いてみませう!>。^
こんなときやっぱ【AMU】はありがたいね!v^^
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!
<bBb>ステマやないで~~~!^^

【第40位】[アーティスト第15位]
「ナイト・ドリーマー」/ウェイン・ショーター
このアルバムからは
タイトル曲の『Night Dreamer』いきまっしょい!v^^
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

1曲目選択完遂(^1^)
《プレイリスト(No8.-1)》ウェイン・ショーター/「ナイト・ドリーマー」より
『Night Dreamer』

Wayne Shoter/Night Dreamer【CD】

f:id:syogai1programa:20190609204825j:plain
Wayne Shoter/Night Dreamer【CD】
1. Night Dreamer
2. Oriental Folk Song
3. Virgo
4. Black Nile
5. Charcoal Blues
6. Armageddon

Wayne Shorter(ts)
Lee Morgan(tp)
McCoy Tyner(p)
Reginald Workman(b)
Elvin Jones(ds)

1964年4月29日
Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey

1964年【LP】リリース
1987年【CD】リリース

ほにゃにゃ~

----- ジョグ、トレジョグ、ウオーキング -----
6月16日
ウオーキング:UW1Kg*2:(4.8Km)>

「沖縄の歌」のアルバム聴いて『私の好きな沖縄の歌』プレイリストを作ろうネ(^3^)<7>「美ら島唄」/島唄倶楽部

f:id:syogai1programa:20190610160417j:plain
恐竜さんお目覚めですかね!>。?
この子らは
国際通りでバンドを組んだんですね!>。@

三線弾いてる<紗耶>ちゃんの
なんというか、う~ん、
「あっ、となりのお姉ちゃんが唄ってるよ!」
ってな感じがなんとも素朴でいいですね!\^^/!

作り込んで
完成度を上げたアルバムも
それはそれで素晴らしいのだけれど・・・

この〔素〕の感じは
なかなかないなあ!v^^
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!

やっぱ、
ライブで聴くバンドやね!>。+
タイミング合えば聴きたいなあ、国際通りで!@・@!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

ということで・・・
このアルバムからは
故郷の石垣島を思って唄う
4曲目の『白保の空』を選びますネ!\^^/!
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

《沖縄の唄・Ver.3》
7曲選択完遂!\^7^/!
<1>りんけんバンド/「アジマァ」より
『くらぁ小』
<2>チュラマナ/「楽園の虹」より
『天架きる橋』
<3>パーシャクラブ/「kana gana」より
『夏ぬバンジ』
<4>U-DOU&PLATY/「Big Up~我した島沖縄~」より
『ヒージャーメー』
<5>上妻宏光/「GEN-源-」より
『てぃんさぐぬ花』
<6>ビギン/「ビギンの島唄オモトタケオのがベスト」より
三線の花
<7>島唄倶楽部/「美ら島唄」より
『白保の空』

島唄倶楽部/美ら島唄【CD】

f:id:syogai1programa:20190610154345j:plain
島唄倶楽部/美ら島唄【CD】
1. この島で君を待つコト。
2. てぃんさぐぬ花
3. 花 -すべての人の心に花を-
4. 白保の空
5. ヒヤミカチ節

2013年リリース

ほにゃにゃ~

----- ジョグ、トレジョグ、ウオーキング -----
6月15日
ウオーキング(3.2Km)>
ウオーキング・アンクルウエイト(1Kgx2)/ザック(4Kg)>
   FLEX・インドア<自走式トレッドミル(4.4Km/60分)>

 2Lペットボトルに水入れたのをまずは2本から最終的には
 5本=10Kgが目標。アンクルウエイトは片足5Kgと言いた
 いけど、まずは片足3Kgが目標。増量のペースは、ザック
 のほうが月に1本づつ、アンクルウエイトは月に0.5Kgづつ
 ってかんじかな^・^
 三浦雄一郎さんは、ザック50Kgでアンクルウエイトは
 片足5Kg。それでエベレスト登頂なので、私の場合は
 アンナプルナのトレッキングぐらいは行けるかも^^;

『ジャズ名盤入門』プレイリスト<Vol.7>

f:id:syogai1programa:20190613045233j:plain
また「神通大橋」にやってきました!^^ 川下からは初めてですね^^!
『ジャズ名盤入門』プレイリスト<Vol.7>
第1曲:キース・ジャレット/「フェイシング・ユー」
より
『In Front』

第2曲:クリフォード・ブラウン
クリフォード・ブラウンウイズ・ストリングス」
より
『Willow Weep for Me』

第3曲:チャーリー・パーカー
「エイプリル・イン・パリ~チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス」
より
『April In Paris』

第4曲:バド・パウエル/「ザ・シーン・チェンジズ」
より
『Cleopatra's Dream』

第5曲:チャールス・ミンガス/「直立猿人」
より
『直立猿人』

第6曲:カーティス・フラー/「ブルースエット」
より
『Five Spot After Dark』


以上、6枚のアルバムから
6曲を選んでみました!\^^/!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!


でもこの<鈴木良雄>の本
『人生が変わる55のジャズ名盤入門』は
タイトルはちょっと「ああこりゃ編集者の技やな!>。*」ですが
中身はめちゃ面白いし、楽屋裏話が随所にあってほんと楽しいですよ!v^^


ほにゃにゃ~


----- ジョグ、トレジョグ、ウオーキング -----
6月14日
ウオーキング:UW1Kg*2:(4.7Km)>

「人生が変わる55のジャズ名盤入門/鈴木良雄(ベース)」~ネタ~でプレイリスト作ろう(No.7-6)|「ブルースエット」/カーティス・フラー[アーティスト第37位]

f:id:syogai1programa:20190610170846j:plain
この季節はなんですか?><? マスですかね!>。?
このアルバムは
レヴューしてるっしょ!v^^
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

5年前でしたか!>。@

それにそれにそれに
ついこの前レヴューした
コルトレーンブルトレ
#端折んなって!~_

へてからへてから

ボーン野郎って
#だから端折んなって!~~_
ほかにはJ.J.ジョンソンしか知らんしにゃ!>。`

ところで・・・
鈴木良雄」さんは
どうコメントしてるんですか?_?

鈴木良雄」のひと言:
ALBUM第39位/[アーティスト第37位]

  ・・・
   1曲目「ファイブ・スポット・アフター・ダーク」。これも曲がシン
  プルで、冒頭のフレーズもキャッチーですから、1回聴いたら忘れられ
  ないですね。名曲というものはそういうものなんですよ。耳が忘れない
  んです。
  ・・・・・

ほんまほんま
ええこと言うなあ良ちゃんは!>。+
#友達かいっ!?

タイトル曲の「ブルースエット」は
やっぱちょいむつかしいもんにゃ!>。`

【第39位】[アーティスト第37位]
「ブルースエット」/カーティス・フラー
ちゅうことで、
このアルバムからは
1曲目の『Five Spot After Dark』いきまっしょい!v^^
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

6曲目選択完遂(^6^)
《プレイリスト(No7.-1)》キース・ジャレット/「フェイシング・ユー」より
『In Front』
《プレイリスト(No7.-2)》クリフォード・ブラウン
クリフォード・ブラウンウイズ・ストリングス」より
『Willow Weep for Me』
《プレイリスト(No7.-3)》チャーリー・パーカー
「エイプリル・イン・パリ~チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス」より
『April In Paris』
《プレイリスト(No7.-4)》バド・パウエル/「ザ・シーン・チェンジズ」より
『Cleopatra's Dream』
《プレイリスト(No7.-5)》チャールス・ミンガス/「直立猿人」より
『直立猿人』
《プレイリスト(No7.-6)》カーティス・フラー/「ブルースエット」より
『Five Spot After Dark』

Curtis Fuller/Blues-ette【LP】

f:id:syogai1programa:20190609200102j:plain
Curtis Fuller/Blues-ette【LP】
A1.  Five Spot After Dark
A2.  Undecided
A3.  Blues-ette

B1.  Minor Vamp
B2.  Love Your Spell Is Everywhere
B3.  Twelve-Inch

ベニー・ゴルソン(ts)
トミー・フラナガン(p)
ジミー・ギャリソン(b)
アル・ヘアウッド(ds)

1959年5月21日
N.Y.C.

1959年【LP】リリース
1991年【CD】リリース(日本)

ほにゃにゃ~

----- ジョグ、トレジョグ、ウオーキング -----
6月13日
ウオーキング:UW1Kg*2:(6.1Km)>