syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

お爺の漁場(2021)《radiko~釣果No.5》|『Winton Kelly Trio(ウイントン・ケリー・トリオ) + Wes Montgomery(ウエス・モンゴメリー)/Smokin' At The Half Note(ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウィントン・ケリー)【AMU】【SPD】』|【[FM福井]山中千尋〔Jazz Reminiscence〕/2月19日】

f:id:syogai1programa:20210225195944j:plain
『雲山峰』も・・・
冬眠中?_?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

これはもう
1959年~1963年の
マイルスの「カインド・オブ・ブルー」
から始まる「ビル・エヴァンス」から
ハービー・ハンコック」までのリズムセクションじゃ!v^^v!
ドウジャ!どうじゃ!\^^/!ドウジャ!どうじゃ!\^^/!ドウジャ!

でもそこに
ウェスが入って
なんとも言えまっシェ~ん!^・^
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!
Wynton Kelly Trio & Wes Montgomery/Smokin' At The Half Note(1965)〉

こんなフルアルバム
挙げてもいいのっすか!?@?!
ドウヨ!どうよ<?_?>!ドウヨ!

ウェスが
亡くなってから
どのくらい経つのっすか<?・?>
どうよ<?_?>!ドウヨ!どうよ<?_?>!

ハイっ!
半世紀ほどに
なりまするえ~~~!\@_@/!
ウンニャコロ!ドッテンキュ!ピッピー!

そうかあ
コルトレーン
だいたい同じ時期に
亡くなってるんだね!m_ _m!
カイッツ!ソウンニャ!カイッツ!コリョ

ほしたら・・・
ウイントンはどうね?_?
ドウヨ!どうよ<?_?>!ドウヨ!

1971年に
お亡くなりに!m_ _m!
コリョ!カイッツ!ソウンニャ!カイッツ!

ワテの中では
ウイントンとウエス
どうもツナガラないのどすが<・?・>
どうよ<?_?>!ドウヨ!どうよ<?_?>!

っまおいといて・・・
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Winton Kelly Trio(ウイントン・ケリー・トリオ) + Wes Montgomery(ウエスモンゴメリー)/Smokin' At The Half Note(ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーウィントン・ケリー)【AMU】【SPD

f:id:syogai1programa:20210221192518j:plain
Winton Kelly Trio(ウイントン・ケリー・トリオ) + Wes Montgomery(ウエスモンゴメリー)/Smokin' At The Half Note(ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーウィントン・ケリー)【AMU】【SPD
01. "No Blues" (Miles Davis){12:57}
02. "If You Could See Me Now" (Tadd Dameron, Carl Sigman){08:21}
03. "Unit 7" (Sam Jones){06:44}
04. "Four on Six" (Montgomery){06:43}
05. "What's New?" (Bob Haggart, Johnny Burke){06:10}
06. "Willow Weep for Me" (Ann Ronell){09:08}
07. "Portrait of Jennie" (Gordon Burdge, J. Russell Robinson){03:27}
08. "The Surrey with the Fringe on Top"
    (Richard Rodgers, Oscar Hammerstein II){06:12}
09. "Oh, You Crazy Moon" (Jimmy Van Heusen, Johnny Burke){05:29}
10. "Misty" (Erroll Garner){06:55}
11. "Impressions" (John Coltrane){05:03}

Wes Montgomery(g)
Wynton Kelly(p)
Paul Chambers(b)
Jimmy Cobb(ds)

Rudy Van Gelder(engineer)

1965年6月
Half Note Club in New York City
1965年9月22日
Van Gelder Studios in Englewood Cliffs, New Jersey.

1965年オリジナル【LP】リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
2月25日
<ウォーキング(8.7Km)>

音楽の楽しい連鎖(2021)~>放て音玉矢<010>|大和那南(やまとなな)が放った音玉矢は『CID, Bahary & The Flying Lizards(フライング・リザース)/Money(マネー)』に的中!v^^v!

f:id:syogai1programa:20210224192748j:plain
ホトケノザ』の・・・
ブリコラじゃ!v^^v!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

たまには
超真面目な
おはなしも
してみませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

毛利嘉孝(もうり よしたか)]という
東京藝術大学==ゲーダイの教授==センセー
#ジェンジェンジェジェンのジェン真面目じゃないぞっ!~_

ということで・・・
ゲーダイのセンセーが書いた
『ポピュラー音楽と資本主義』という本のP246~に
「ヨーロッパの伝統的な文化運動としての『DiY』と音楽との関係」について
フランスの文芸批評家のロラン・バルト:「ムジカ・プラクティカ」を引用
しながら[フライング・リザーズ]について書いています!>。?
ドウヨ!どうよ<?_?>!ドウヨ!どうよ<?_?>!ドウヨ!

『The Flying Lizards』のファースト・アルバム『ミュージック・ファクトリー』は
「ムジカ・プラクティカ」の一文をアルバム・ジャケットに引用している!
まともな楽器を使わずに、ドラムの代わりに段ボール箱を叩くなどして
手元にある材料を組み替えることで何か新しい文化実践を行うという一種の
『ブリコラージュ』であり、素材の読み替えと考えられる。
〈The Flying Lizards - The Flying Lizards (FULL 4LBUM)〉

これ聴くと
「おっ!俺でもできるかも!>。@」
とか思うかもしれませんが・・・・・
絶対に無理どす!>・<!
ダウド!ダウド!ダウド!ダウド!ダウド!

では今回の
音玉矢(OTODAMA・ARROW)の
的中した的なる「Money(マネー)」をば
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!
〈CID, Bahary & The Flying Lizards - Money (Official Audio)〉

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
2月24日
<ウォーキング(5.0Km)>
<ジョグ>
   FLEX~萬波~和歌浦漁港~FLEX<7.6Km>

お爺の漁場(2021)《Mikiki~釣果No.2》|『大和那南(やまとなな)/夜明け前(BEFORE SUNRISE)』|ヨーロッパの[DiY]の伝統をこの大和の国で!^|^!

f:id:syogai1programa:20210223200444j:plain
特急「くろしお」さんも・・・
寂しそうかも!・:・!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


  大和那南『夜明け前(BEFORE SUNRISE)』
  ポスト・パンク流のDIY精神で織り成す
  寄る辺なくも凜とした歌

Nana Yamato - "If" (Official music video)〉

村上春樹よりも
強く強くいま18歳には
ゆらめき届くかもしれない!<*・~>!
どうよ<?_?>!ドウヨ!どうよ<?_?>!

この[NANA YAMATO]に
バン張って対抗できるのは・・・
もはや世界では[KLF]しかないかも^?^
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

{チルアウト}とは
全く無縁のナナはいったい
どこへ向かうのでせうか<?_?>
ドウヨ!どうよ<?_?>!ドウヨ!

「今年度最悪アーティスト」の選出でせうか>?<
はたまた「
  賞金を受け取らなければこの金を燃やす
  ぞっと!^~^!
」でせうか<?・?>・・・
ドウヨ!どうよ<?_?>ドウヨ!

あいかわらず
わけわかなことを
書いてしまいもしたが
お許しをば!m^^m!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!

っまおいといて・・・
俺もつくってみてえよう!^;^
どんなして作りゃあいいのけ!>。?
おせーておくんなましナナさまあ!m^^m!
ウンニャコリャ!カレハトッテンキュ!シッチュ!

ロンドンの
宅録王子==[ジェイコブ・コリア]と
かなりいい勝負をするのでは!<?_>!
ドウヨ!どうよ<?_?>!ドウヨ!どうよ<?_?>!


レベルが
違いすぎるので・・・
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

わてにも
できそうなのは・・・
こんなんどうよ===>>>
[大和那南(やまとなな)]が放つ音玉矢(OTODAMA ARROW)は・・・

 The Flying Lizards(ザ・フライング・リザーズ)/
 Money(マネー)
』に的中!v^^v!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!

ほんじゃまあ
ナナちゃまの
F.アルバムをば
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

大和那南(やまとなな)/夜明け前(BEFORE SUNRISE)【AMU】【SPD

f:id:syogai1programa:20210215180112j:plain
大和那南(やまとなな)/夜明け前(BEFORE SUNRISE)【AMU】【SPD

01. Do You Wanna{3:57}
02. If{2:41}
03. 渇望{3:49}
04. 街灯{3:03}
05. 夢彷徨人{2:16}
06. 幻{3:13}
07. 水玉ベル{0:17}
08. 夜明け前{3:06}
09. ボヤージュとメルシー{2:42}
10. 桜の木の下で{3:17}
11. 朝の街{0:28}
12. The Day Song{3:03}

2021年2月5日リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
2月23日
<ウォーキング(1.2Km)>
 #こんなの勘定に入れんなよ!~_
 <bBb>スンマッシェンノシェシェンノシェン!m^^m!

お爺の漁場(2021)《radiko~釣果No.4》|『Chick Corea(チック・コリア)/Solo Piano Originals(ソロピアノ~オリジナル)【AMU】【SPD】』|【[TOKYOFM]ピーター・バラカン「ライフスタイル・ミュージアム」/2月19日】より|m_・_m|

f:id:syogai1programa:20210222171805j:plain

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

配信では
残念ながら
横浜みなとみらいホール」での
《01. Brasilia (Live){7:52}》と
「大阪、シンフォニーホール」での
《02. The Yellow Nimbus (Live){8:40}》が
入っていないのが残念!>・<!
ドウヨ!どうよ<?_?>!ドウヨ!

〈Brazil (Live)〉

〈The Yellow Nimbus – Pt. 1〉

Chick Corea – The Yellow Nimbus – Part 2〉

チック・コリアというと・・・
《ビッチェス・ブリュー》

それとそれと
リターン・トゥ・フォーエヴァー

わたしのチックは
だいたいこれでオシャマイ^^;;;
ドウヨ!どうよ<?_?>!ドウヨ!

でもね、
最近のも
聴いてるよっと!v^^v!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

今年の第63回グラミー賞
『Best Improvised Jazz Solo』ノミニーズ

この曲の収録アルバム
『Trilogy 2(トリロジー2)』は
『Best Jazz Instrumental Album』ノミニーズ!\^^/!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!

あとチックのアルバムで
聴きたいのは・・・・・
[Anthony Braxton(アンソニー・ブラクストン)]
が入った{Circle(サークル)}の「Paris Concert」かも!>。@
どうよ<?_?>!ドウヨ!どうよ<?_?>!ドウヨ!どうよ<?_?>!

音玉矢(OTODAMA・ARROW)発射===>>>
 『CIRCLE(サークル)/PARIS-CONCERT(パリ・コンサート)』

それではそれでは
ピーター・バラカンも偲ぶ
このライブアルバムをば・・・・・

聴きませうm_ _m
マセウm_ マセウm_ マセウm_ 

Chick Coreaチック・コリア)/Solo Piano Originals(ソロピアノ~オリジナル)【AMU】【SPD

01. Brasilia (Live){7:52}
02. The Yellow Nimbus (Live){8:40}
03. Prelude #4, Opus 11 (Live){4:01}
04. Prelude #2, Opus 11 (Live){5:06}
05. Children's Song #6 (Live){5:16}
06. Children's Song #10 (Live){4:25}
07. Armando's Rhumba (Live){3:37}
08. April Snow (Live){2:03}
09. The Chase (Live){2:10}
10. The Falcon (Live){1:45}
11. Swedish Landscape (Live){3:05}
12. Spain (Live){4:03}
13. Children's Song #12 (Live){13:07}

<Track 1, 3, 5, 6 & 7>
1999年11月28日
横浜みなとみらいホール
<Track 2>
1999年11月30日
大阪、シンフォニーホール
<Track 4>
1999年11月20日
Culture & Congress Center, Lucerne, Switzerland
<Track 8, 9, 10 & 11>
1999年11月14日
Plektrum, Lund, Sweden
<Track 12>
1999年11月19日
Sardinen Club, Bergen, Norway
<Track 13>
1999年11月17日
Club Fasching, Stockholm, Sweden

2000年リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
2月22日
<ウォーキング(7.3Km)>

音楽の楽しい連鎖(2021)~>放て音玉矢<009>|「New York State Of Mind(ニューヨークの想い)」の入ったアルバム『Billy Joel(ビリー・ジョエル)/Turnstiles(ニューヨーク物語)』聴いてみた!v^^

f:id:syogai1programa:20210221180533j:plain
今日はずいぶん暖かかったけど・・・
桜の蕾はまだ固いやね!^|^!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

おいらや
おいらのかあちゃんの年代で
Billy Joelビリー・ジョエル)]というと・・・
ピアノマン
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!
Billy Joel - Piano Man/「イン・コンサート2006」東京ドーム・ライブ〉

っで、
オリジナルは
何年のリリースよ?_?
ってことになって調べたら・・・
Billy Joel - Piano Man (Official Music Video)〉

1973年で・・・
おいらが『楽器マン』に
なった年やおマッヘンおマッハト!@+@!
ウンニャコラ!フアフアンデュ!コッピニュ!

っで、
ビリーって
いまいくつなのヨ!<?・?>!
ってことになって調べたら・・・・・
どうよ<?_?>!ドウヨ!どうよ<?_?>!

おいらとオナイドシだった!\@・@/!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

っで、
71歳の現在の
ライブツアーは・・・
<2020年1月/マジソン・スクエア・ガーデン、N.Y.C.>

現役バリバリみたいだニャア!v^^v!
どうだ!\^^/!ドウダ!どうだ!\^^/!

ってな感じで・・・
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Billy Joelビリー・ジョエル)/Turnstiles(ニューヨーク物語)【AMU】【SPD

f:id:syogai1programa:20210219045601j:plain
Billy Joelビリー・ジョエル)/Turnstiles(ニューヨーク物語)【AMU】【SPD

1. Say Goodbye To Hollywood(さよならハリウッド){4:37}
2. Summer, Highland Falls(夏、ハイランドフォールズにて){3:18}
3. All You Wanna Do Is Dance(踊りたい){3:45}
4. New York State Of Mind(ニューヨークの想い){6:02}
5. James(ジェイムズ){3:55}
6. Prelude / Angry Young Man(プレリュード/怒れる若者){5:16}
7. I've Loved These Days(楽しかった日々){4:34}
8. Miami 2017(マイアミ2017){5:17}

Howie Emerson(g)
James Smith(g)
Russell Javors(g)
Doug Stegmeyer(b)
Liberty DeVitto(ds)
Mingo Lewis(perc)
Richie Cannata(sax)

1967年リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
2月21日
<ウォーキング(5.5Km)>

お爺の漁場(2021)《radiko~釣果No.3》|『Jose James(ホセ・ジェイムズ)/Lean On Me(リーン・オン・ミー)【AMU】【SPD】』|【[FMとやま]山中千尋 〔いつだって T-TIME〕/2月18日】~

f:id:syogai1programa:20210220182924j:plain
「牡蠣」は・・・
ありそうかなあ!<?・?>!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

富山からの
FM放送ですので
富山市内から見た
『剣・立山』やら
『毛勝三山』やらやら
薬師岳』やらやらやらを
お見せいたしませう!v^^v!
マセウ!マセウ!マセウ!マセウ!マセウ!

最初は・・・
常願寺川」の堤から
大パノラマじゃ!\^^/!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!
f:id:syogai1programa:20210220200605j:plain
呉羽山」から「毛勝三山」
f:id:syogai1programa:20210220200758j:plain
「劒岳」
f:id:syogai1programa:20210220201114j:plain
薬師岳
f:id:syogai1programa:20210220201217j:plain
下に見えるスキー場は「極楽坂」かニャ!>。+

てな感じで
アルバムからは
遠く離れてしまいもしたが^^;
ドウヨ!どうよ<?_?>!ドウヨ!

[Jose James(ホセ・ジェイムズ)]
おらしんね!<・>!
〈José James - Lean On Me (Album Trailer)〉

〈ホセ・ジェイムズ「リーン・オン・ミー」インタビュー映像〉

〈José James - Live Your Fantasy (Live At Blue Lounge, Tokyo)〉

ということで・・・
#ごまかすんじゃあねえっ!~_

聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Jose James(ホセ・ジェイムズ)/Lean On Me(リーン・オン・ミー)【AMU】【SPD

f:id:syogai1programa:20210220183138j:plain
Jose James(ホセ・ジェイムズ)/Lean On Me(リーン・オン・ミー)【AMU】【SPD

01. Ain’t No Sunshine{3:18}
02. Grandma’s Hands{4:13}
03. Lovely Day{4:17}
04. Lean On Me{5:00}
05. Kissing My Love{5:35}
06. Use Me{4:43}
07. Who Is He{3:45}
08. Hello Like Before{6:29
09. Just The Two Of Us{4:26}
10. Hope She’ll Be Happier{4:52}
11. The Same Love That Made Me Laugh{3:21}
12. Better Off Dead{4:50}
13. Ain't No Sunshine (Acoustic Version){2:50}
14. Grandma's Hands (Acoustic Version){3:05}

José James(vo)
Brad Allen Williams(el-g)
Kris Bowers(org, p)
Lenny Castro(Congas)
Pino Palladino(b)
Nate Smith(ds)

2018年リリース

ほにゃにゃ

----- ウォーキング、ジョグ -----
2月20日
<ウォーキング(4.5Km)>
<ジョグ>
   FLEX片男波公園突堤突端折返し<8.1Km>

お爺の漁場(2021)《Groove Jazz Music~釣果No.1》|『Patrick Bradley(パトリック・ブラッドレイ)/Exhale(エクスヘイル)【AMU】【SPD】』|ひさびさのスムース・ジャズ漁に出たゾッと!v^^v!

f:id:syogai1programa:20210219183208j:plain
そろそろ・・・
起きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今週の
〔GROOVE JAZZ MUSIC〕ベスト30のトップは・・・>キーボード奏者の
[Patrick Bradley(パトリック・ブラッドレイ)]!\^^/!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!
<bBb>おらしんね^^;;;;;
〈Patrick Bradley - Exhale (Official Audio)〉

このアルバムに
フューチャーしているのは・・・
サックスの[Darren Rahn(ダレン・ラーン)]
<bBb>おらしんね;;;;;^_^;;;;;
〈Darren Rahn - Infinite Love〉

〈Darren Rahn - Tale Of Two Cities〉

う~ん
優しい音やねえ!^・^!
アンブシャーきれいやろニャア!>。+
どうよ<?_?>!ドウヨ!どうよ<?_?>!

テナーだけど
[エリック・マリエンサル]のような
やさしくて艶のあるいい音だニャア!@・@!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!

っまおいといて・・・
ペットのフューチャーは
どなたでごんすかいね?_?
[Rick Braun(リック・ブラウン)]!>。?
<bBb>ちびっと引っかかるかも^?^

スムース・ジャズの世界では
ブイヴイ_イワセテルノカ!@^@!

っま、
聴こうぜ!v^^
オウゼ!オウゼ!オウゼ!

Patrick Bradley(パトリック・ブラッドレイ)/Exhale(エクスヘイル)【AMU】【SPD

01. Completely Yours{4:11}
02. Reinvention{4:30}
03. Exhale{4:32}
04. Song of May (feat. Darren Rahn){4:24}
05. Sip' n the Breeze{4:09}
06. Cat Man Blues (feat. Rick Braun){4:57}
07. Meant to Be (feat. Darren Rahn){4:43}
08. Lighthouse (feat. Allen Hinds){4:04}
09. In the Heart of the Seas{5:47}
10. Providence{3:41}
11. Walk with Me{5:59}

Patrick Bradley(keyb)
Darren Rahn(sax)
Jeff Lorber(keyb)
Allen Hinds(g)
Rick Braun(tp)
Mel Brown - Bass(b)
Tarell Martin(ds)
Gary Novak(ds)
Michael Thompson(g)
Christian Telee(perc)

2021年1月15日リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
2月19日
<ウォーキング(5.6Km)>