syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

+2ホーンのクインテットは「ルディ・ヴァン・ゲルダー」のシワザだった!\@_@/!『Duke Jordan(デューク・ジョーダン)/Flight To Jordan【AMU】』

f:id:syogai1programa:20200815170423j:plain
10年以上経ったけど・・・
あんま変わりねえか!^^;
「変わったのは君の“心”かも?!」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

山中千尋 〔いつだって T-TIME〕/8月10日】

Duke Jordanデューク・ジョーダン)は
いままであんまり聴いたことがないのは
なぜだろうなぜかしら<?_?>

一枚だけ
ありましたが・・・
このレヴューでも
「なぜこの【CD】買ったのか・・・?」
ってな感じでアホなことを書いてますが^^;

Tina Brooks(ティナ・ブルックス
っちゅうテナー・サックス吹きの
リーダーアルバムに参加してるんどすにゃ!>。・
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

第1番に、
録音時期が近い!v①v!
第2番に、
録音場所が同じ!v②v!
 「エングルウッド・クリフス」/
  ニュージャージー州
そして・・・
ジャンジャカじゃ~ん
ジャンジャンじゃ
ジャンジャカじゃ~ん

っでっでっでました!v^^v!
#なにがやねん?_

なにを隠そう!@_@!
『ヴァン・ゲルダー・ステューディオ』じゃ!\^^/!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!

そうなんどす
1960年の
ブルーノートといえば
『ルディ・ヴァン・ゲルダー』

ということで・・・
このアルバムも
ルディヴァンの
仕業でござんした!^+^!
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

どおりで
テナーに「スタンリー・タレンタイン
へてからペットに「ディジー・リース」
<bBb>この人あんまし知りもっサンとよ!^:
ツー・ホーンでばりばりニギヤカやねえ!v^^v!
ゾッチョレン!コネコネッパ!ニギヤカシンホ!キュレソ!

よ~し、
このホーン二人に
放てー>音霊矢(ATODAMA ARROW)<①>ーー>
『Stanley Turrentine(スタンリー・タレンタイン)/Ballads』
放てー>音霊矢(ATODAMA ARROW)<②>ーー>
『Dizzy Reece(ディジー・リース)/Soundin' Off』

っまおいといて・・・
Duke Jordanデューク・ジョーダン)/Flight To Jordan【AMU】』
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Duke Jordanデューク・ジョーダン)/Flight To Jordan【AMU

f:id:syogai1programa:20200811201256j:plain
Duke Jordanデューク・ジョーダン)/Flight To Jordan【AMU

1. Flight To Jordan{5:30}
2. Star Brite{7:48}
3. Squawkin'{4:59}
4. Deacon Joe{8:42}
5. Split Quick{5:10}
6. Si-Joya{6:42}(オンエア曲)
7. Diamond Stud (Bonus Track){5:06}
8. I Should Care (Bonus Track){3:52}

Duke Jordan (p)
Dizzy Reece (tp)
Stanley Turrentine (ts)
Reggie Workman (b)
Art Taylor (ds)

1960年8月4日
Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey

1960年オリジナル【LP】リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
8月15日
<ウォーキング(3.5Km)>
 さあさ、送り火炊きましょか!m_ _m!