syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

《音楽の楽しい連鎖(J-003~1~2)》『Diane Schuur(ダイアン・シューア)/Diane Schuur & the Count Basie Orchestra【AMU】』

f:id:syogai1programa:20200916171059j:plain
ディンギーって・・・
やっぱ二人乗りなんだね!>。・
#あたりまえっしょ!@_

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『連鎖の素(J-003)』

ジョシュア・レッドマンを聴いたら
もうちょっと他のアルバムも聴いてみたいなあ!>。+
っで、インディー・カルテットのブルックリン・ライダーと演ってる
このアルバムに音霊連鎖して・・・
『第1連鎖(J-003-1)』

このアルバムの
ブルックリン・ライダーも
もちろん気になるんだけど
おいといて・・・

このアルバムでベース弾いてる
「Scott Colly(スコット・コーリー)」が
かなり気になったとさ!\@_@/!
ドウヨ!どうよ<?_?>ドウヨ!どうよ<?_?>

っで、
彼が歌伴やってる
カーメン・マクレーの盤と

この「ダイアン・シューア」の盤に
音霊矢(OTODAMA ARROW)を放って
ーーー>>>ここに飛んで来もした!v^^
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

このアルバムの演奏は
1987年の第29回グラミー賞
『最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス(女性)』/「Timeless」
この授賞式の翌日に録ったこのアルバムで翌年も連続受賞!v^^v!
ウジャド!ウジャド!ウジャド!ウジャド!ウジャド!ウジャド!ウジャド!

ダイアン・シューアは確か
聴いたことあるよなあ?_?

ブログには
パーソネルがないけど
このアルバムのベースは
ニール・スチューベンハウス(Neil Stubenhaus)どすニャ!>。・

っまおいといて・・・
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Diane Schuur(ダイアン・シューア)/Diane Schuur & the Count Basie Orchestra【AMU

f:id:syogai1programa:20200913202413j:plain
Diane Schuur(ダイアン・シューア)/Diane Schuur & the Count Basie Orchestra【AMU

01. Deedle's Blues{3:27}
02. Caught A Touch Of Your Love{3:03}
03. Travelin' Light{4:16}
04. I Just Found Out About Love{2:35}
05. Travelin' Blues{4:05}
06. I Loves You Porgy{3:04}
07. You Can Have It{3:20}
08. Only You{4:38}
09. Everyday{3:03}
10. We'll Be Together Again{4:03}
11. Until I Met You{2:47}
12. Climbing Higher Mountains{2:09}

Frank Foster(ts)
Danny House(as)
Danny Turner(as)
John Williams(bs)
Lynn Seaton(b)
Dennis Mackrel(ds)
Freddie Green(g)
Donald T. Carson(p)
Eric Dixon(ts)
Kenny Hing(ts)
Bill Hughes(tb)
Clarence Banks(tb)
Dennis Wilson(tb)
Mel Wanzo(tb)
Bob Ojeda(tp)
Byron Stripling(tp)
Melton Mustafa(tp)
Sonny Cohn(tp)

A&M Studios, Hollywood

1987年リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
9月16日
<ウォーキング(6.2Km)>