syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

《お爺の脳に栄養・ジャズヴォーカルご飯^_(ジュリー・ロンドン)_^》『Julie London With The Bud Shank Quintet/All Through The Night:Julie London Sings The Choicest Of Cole Porter【AMU】』|△|ジュリーさん あなたはなぜに ロンドンさん?_?|▲|くだらなさすぎ!~_

f:id:syogai1programa:20200515163519j:plain
この花長く咲いてるし・・・
「ナヨクサフジ(弱草藤)」っていうらしいけど!>。?
じぇんじぇんナヨナヨしてないよねえ!@^@!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【[ラジオ日本]おとなのJAZZ TIME/5月2日(土)23:00~】

ジュリー・ロンドン)は
聴いたことはあると思うのですが・・・
ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!ドウヨ!

ジュリー・ロンドン』として
アルバム聴くのは初めてですニャ!^_`
スカンプニュ!コーレンチョ!スカンプニュ!?

1曲目の
「I've Got You Under My Skin」は
サックス教室の発表会で演った曲です!v^^
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!

マイケル・ブーブレ)は
この歌を<YouTube>で探したときに
「あっつ!この野郎いい感じじゃん^^」
って感じで見つけたのだったかも!>。・

でもね、
マイケルよりも先に・・・

ダイアナ・クラール)にしびれてたのかイッツ!@^@!

ところで・・・
ジュリー・ロンドン)は
どこさいったっすか<?_;>

聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Julie London With The Bud Shank Quintet/All Through The Night【AMU

f:id:syogai1programa:20200504174225j:plain
Julie London With The Bud Shank Quintet/All Through The Night【AMU
01. I've Got You Under My Skin{3:00}
02. You Do Something To Me{2:15}
03. Get Out Of Town{2:55}
04. All Through The Night{4:12}
05. So In Love{4:03}
06. At Long Last Love{3:27}
07. Easy To Love{2:27}
08. My Heart Belongs To Daddy{2:45}
09. Ev'ry Time We Say Goodbye{3:20}
10. In The Still Of The Night{2:34}
11. You'd Be So Nice To Come Home To 2:16

Bud Shank(as, tracks:1~10)
Joe Pass (g, tracks:1~10)
Russ Freeman(p, tracks:1~10)
Monty Budwig(b, tracks:1~10)
Colin Bailey(ds, tracks:1~10)

Al Viola(g, tracks:11)
Jimmy Rowles(p, tracks:11)
Bob Flanigan(tb, tracks:11)
Emil Richards(vib, tracks:11)
Donald Bailey(b, tracks:11)
Earl Palmer(ds, tracks:11)

<Tracks:1~10>
1965年7月12日、13日、16日
Pacific Jazz Studios, Los Angeles
<Track:11>
1960年3月4日
Capitol Studios, Los Angeles

1965年オリジナル【LP】リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
5月15日
<ウォーキング(5.1Km)>