syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

音楽の楽しい連鎖(2022)~>放て音玉矢<88>|『Flook(フルック)/Ancora(アンコラ)【AMU[HD]】【SPD】』|西アフリカからアイルランドに飛んできた音楽の連鎖矢はどこに向かうのか<?・?>アイルランドにとどまるのそれともどこかに<?~?>

AMU】==【AmazonMusicUnlimited】
SPD】==【SpotifyDownloads】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

連鎖元^5:音楽の楽しい連鎖(2022)~>放て音玉矢<85>|『ジェニフェル・ソリダーデ(Jenifer Solidade)/Tanha【AMU[HD]】【SPD】』|カーボベルデからアイルランドに飛びませう!v^^マセウ!マセウ!マセウ!

連鎖元^4:音楽の楽しい連鎖(2022)~>放て音玉矢<83>|『セザリア・エヴォラ(Cesária Évora)/Voz d'Amor【AMU[HD]】【SPD】』|カーボベルデの「モルナの女王」はクレオール文化の担い手!<+>~<+>!

連鎖元^3:音楽の楽しい連鎖(2022)~>放て音玉矢<81>|『Habib Koité(アビブ・コワテ)&Eric Bibb(エリック・ビブ)/Brothers in Bamako(ブラザーズ・イン・バマコ)【AMU[HD]】【SPD】』|ここは本当にアフリカのマリですか!<?>?<?>I・O・I<?>?<?>!

連鎖元^2:音楽の楽しい連鎖(2022)~>放て音玉矢<??>|『Youssou N'Dour(ユッスー・ンドゥール)/The Guide(Wommat)【AMU[HD]】【SPD】』|太鼓の響きに体が自然に反応して・・・舌でリズムをパチパッチンしたり日傘の柄を叩いたり・・・変な爺さんじゃよ!^~^;でも楽しいなあ!v^O^v!

連鎖元^1:音楽の楽しい連鎖(2022)~>放て音玉矢<??>|『ユッスー・ンドゥール(Youssou N'Dour)/The Lion(ザ・ライオン)【AMU[HD]】【SPD】』|西アフリカからカリブ海が見えますか?_?ベネズエラが見えますか?~?<ー~ー>ナンノコッチャ!>。<!

連鎖元^0:お爺の漁場(2022)《本棚から脳に栄養補給!v^^<No.19>》|『シェイク・ロー(Cheikh Lô)/Né la thiass(ネ・ラ・ティアス)【AMU[ULTRA HD]】【SPD】』|西アフリカの風はアッタキャーのツメタャーの<・><?><・>ドウヨ!どうよ!<?_?>!ドウヨ!|ポンポロンポっポンポロンポっポンポロンポっ・・・・

ソース元:『リマリックのブラッド・メルドー〈ポスト・ジャズからの視点〉Ⅰ/牧野直也/アルテスパブリッシング』P38

今回聴くアルバムのアイリッシュ・バンドの
インスト・バンド[Flook(フルック)]については
ヤングフレンドから借りパクした本
         ^^^^#ちゃんと返しなさい!~_^

 ヴォイセズ・オブ・アイルランド
  アイリッシュ・ミュージックとの出会い
 五十嵐 正
 シンコーミュージック・エンタテイメント


この本の<070>ページに記されたインタヴュー
「Flook・まずは曲が優れてないといけない」
で知りもした!v^^
ドウダ!ドウダ!ドウダ!

このインタヴューの中で
このバンドの【即興】とのカカワリについて
フルートのセーラを中心に語られている
ロンドンでのフリー・ジャズとのカカワリとか・・・
どうよ!<?_?>!ドウヨ!どうよ!<?_?>!

そのあたりは
この本を読んでいただくとして
このアルバムの中身を見てみませう!v^^
マセウ!x3!マセウ!x5!マセウ!x9!

ところでトコロデところで
この本の著者の音楽評論家
[五十嵐正(いがらしただし)]って
爺の学校の後輩だったよ!<@>・<+>!
ご縁どすにゃ!m^O^m!

っまおいといて・・・

『Flook(フルック)/Ancora(アンコラ)』アルバムの中身:〔Discogs~〕

〔トラックリスト〕
01. Reel For Rubik/Toward The Sun{5:07}
   Guest, Bass [Upright Bass] – Trevor Hutchinson
   Guest, Percussion – Amadou Diagne
02. The Crystal Year/Foxes' Rock{5:19}
   Guest, Bass [Upright Bass] – Conor McCreanor
   Guest, Producer [Additional] – Steve Jones
03. Companion Star{2:48}
   Guest, Piano Accordion – Phil Cunningham
04. The Coral Castle{4:19}
   Guest, Bass [Upright Bass] – Conor McCreanor
   Guest, Dulcimer [Hammer Dulcimer] – Simon Chrisman
   Guest, Steel Drums – Melvin Ifill
05. Turquoise Girl/The Tree Climber/Twelve Weeks And A Day/Rounding Malin Head{5:59}
   Guest, Bass [Upright Bass] – Conor McCreanor
   Guest, Dulcimer [Hammer Dulcimer] – Simon Chrisman
   Guest, Fiddle – Niall Murphy
   Guest, Percussion – Amadou Diagne
06. The Bunting Fund{1:39}
   Guest, Pandeiro [Pandereta Asturiana] – Eva Tejador
07. Ocean Child{2:40}
   Guest, Bass [Upright Bass] – Trevor Hutchinson
   Guest, Fiddle – Niall Murphy
   Guest, Lap Steel Guitar – Philip Henry
   Guest, Percussion – Amadou Diagne
08. Lalabee{4:22}
   Guest, Hurdy Gurdy – Matthias Loibner
09. Jig for Simon{3:22}
   Guest, Hurdy Gurdy – Matthias Loibner
   Guest, Percussion – Amadou Diagne
   Guest, Producer [Additional] – Steve Jones
10. Ellie Goes West{3:46}
   Guest, Bass [Upright Bass] – Conor McCreanor
   Guest, Cello, Viola, Violin – Patsy Reid
11. Sharig/The Pipers of Roguery/The Huntsman{4:41}
12. Ómós Sheamuis/The Quickenbeam{5:25}
   Guest, Percussion – Amadou Diagne
   Guest, Theremin – Mark Tucker

〔Personnel〕
Brian Finnegan(Flute [Flutes], Whistle [Whistles])
Sarah Allen(Alto Flute, Concert Flute, Accordion)
Ed Boyd(Guitar [Guitars], Bouzouki, Piano)
John Joe Kelly(Bodhrán)

色んな人が
セッションに参加して
これだけのアルバムができる!v^^
納得!納得!超納得<=>納得!納得!超納得!

納得したところで
次はどこの聴こまいかね?~?

はいはい
決めましたよ!v^^
[We Banjo 3(ウィ・バンジョー・スリー)]
ドウジャ!x8!ドウジャ!x8!ドウジャ!x8!
〈We Banjo 3 - Happiness〉

<bBb>こりゃあアイリッシュからしばらく離れられねえにゃあ!v^^

放てーーーーー>>>
音玉矢(OTODAMA・ARROW)===>>>
『We Banjo 3(ウィ・バンジョー・スリー)/Open The Road(オープン・ザ・ロード)【AMU[HD]】【SPD】』

は~いはいハイっ!
それじゃあそろそろ
タツノオトシゴの鳴き声をば!?・^!
ドウヨ!どうよ!<?_?>!ドウヨ!

聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Flook(フルック)/Ancora(アンコラ)【AMU[HD]】【SPD

〈Flook - The Crystal Year / Foxes' Rock〉

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
9月23日
<ウォーキング(8.5Km)>