syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

《音楽の楽しい連鎖(Fun-CoNNeX)》「アーネスティン・アンダーソン」のブルース・アルバム《2》『Ernestine Anderson(アーネスティン・アンダースン)/Blues, Dues And Love News【AMU】』

f:id:syogai1programa:20200822161221j:plain
甲斐駒ヶ岳』じゃ!
直近の撮影じゃ!v^^
オイラじゃないけど^^;

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

レイ・ブラウンのトリオ +
テナーのレッド・ホロウェイを
歌伴に従えてサンフランシスコで歌った

 Ernestine Anderson(アーネスティン・アンダースン)/
 When the Sun Goes Down【AMU
』に続いて、

このアルバムは
1曲目から超グルーヴィー!v^^v!
リズム&ブルース(#いいかた古いニャア!~・~!)
すんまっしぇ~ん!m^^m!
”R&B”感満載じゃ!\^^/!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

いきなり
1曲めから
オリジナル曲で
グルーヴィン・ハイ!^@^!

この曲は
スティックス・フーパー(Stix Hooper)
との共作なんで「スティックス・フーパーって誰よ?!」
と思って調べてみたらにゃにゃにゃんとおっしゃるウサギさん!<^_?>!

キャのキャの、
「ザ・クルセイダーズ」の
ドラマーだった!<@_@>!
ギョギョンッチ!クラコン!ビック!

でもね、
バンドの名前は知ってるけど
正直、あんまり聴いたことないっす!^^;
どうよ<?_?>ドウヨ!どうよ<?_?>ドウヨ!

ピアノの<Joe Sampleジョー・サンプル)>は
名前は知ってるけど・・・、って感じかも!^・^;
ダウド!ダウド!ダウド!ダウド!ダウド!ダウド!ダウド!

っまおいといて・・・

このアルバムは
その彼との共作の
1曲めからもうノリノリ!v^^v!
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!

2曲目の
マイルス作の
超ゆぶめいな
『All Blues』に至っては

ちょびっとスキャットのアドリブも
ほんのちょっとだけどカマしてしまっちゃう!@^@!
スキャテンテン!バビロヒンギャ!トレトキンジチョ!ジッテ!

これもハリウッドの
B.B. King's Blues Club>って
ライブハウスでの録音みたいどすにゃ!

(残念ながら閉店したモヨウ?!)

ではでは、
ノリ乗りンゴで
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Ernestine Anderson(アーネスティン・アンダースン)/Blues, Dues And Love News【AMU

f:id:syogai1programa:20200820053223j:plain
Ernestine Anderson(アーネスティン・アンダースン)/Blues, Dues And Love News【AMU

01. Show Me (Live Version){4:30}
   <Stix Hooper、Ernestine Anderson>
02. All Blues (Live Version){7:33}
   <Miles Davis
03. How Can I Sing a Love Song (Live Version){4:26}
   <Stix Hooper、Ernestine Anderson>
04. You Were Always on My Mind (Live Version){4:46}
   <Johnny Christopher、Mark James、Wayne Thompson>
05. Only Trust Your Heart (Live Version){4:45}
   <Benny Carter、Sammy Cahn>
06. Sister Moon (Live Version){4:51}
   <Sting
07. Don't Touch Me (Live Version){5:05}
   <Teddy Edwards>
08. Reach Out (Live Version){4:35}
   <Eddie Holland、Lamont Dozier、Brian Holland>
09. Simply Love (Live Version){5:03}
   <John C. Field、Kassie Wesley>
10. The Thrill Is Gone (Live Version){6:12}
   <Rick Darnell、Roy Hawkins>
11. It Hurts to Be in Love (Live Version){6:53}
   <Julius Dixon、Rudy Toombs>

Josie Aiello(Backing Vocals)
Del Atkins(b)
Ndugu Chancler(ds)
Paul Viapiano(g)
Eugene Maslov(keyb)
Geoff Stradling(keyb)
Eric McKain(perc)
Stix Hooper(perc, Producer)
Bob Sheppard(sax, fl)
Andy Martin(tb)
Frank Szabo(tp)
Oscar Brashear(tp[Solos])

1995年11月27日~28日
B.B. King's Blues Club, Universal City Walk, Universal City, CA
Stagg Street Studio, Van Nuys, CA

1996年6月25日リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
8月22日
<ウォーキング(3.4Km)>