syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

《音楽の楽しい連鎖(J-001~2)》Esperanza Spalding(エスペランサ・スポルディング)のグラミー賞受賞アルバムでフューチャーされていたテナーの「Joe Lovano(ジョー・ロヴァーノ)」がドラムの「ポール・モチアン」、ギターの「ビル・フリゼール」と演ってる盤!^@

f:id:syogai1programa:20200903162632j:plain
「はっさく」ですかねえ?・・・
いっぱい実が
なっていますにゃ!^_G_^!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このアルバムは
1995年の録音なので
《音楽の楽しい連鎖(J-001~1)》の
ハンク・ジョーンズ」とのデュオ盤
『Kids(Live At Dizzy's Club Coca-Cola)』

これより10年ほど前の録音ですね!>。・

こっちのほうが
フリー度といっては
ちょびっとへんかもですが
3人がそれぞれけっこう自由に
好き勝手に演ってるっちゅう感じかなあ!>@<!
ドウヨ!どうよ<?_?>ドウヨ!どうよ<?_?>ドウヨ!

1995年~2000年までの
ジャズシーンというと・・・
ジム・ホールの『Dialogues』には
「Joe Lovano(ジョー・ロヴァーノ)」と
Bill Frisellビル・フリゼール)」も参加してるなあ!>。@

ここらへんは
バークリーつながりかも!>。・

Brad Mehldauブラッド・メルドー)」も
このころから動き出しているし・・・

ブラッド・メルドーよりは少しだけ年上の
「Kevin Hays(ケヴィン・ヘイズ)」も

ハービー・ハンコック
ウェイン・ショーター
黄昏のデュオしてたり^^;
#TASOGAREてねえぞ!~_

ジャズ以外では
マライア・キャリー」なんか
絶好調のブレイク期!v^^v!

R&B色を強めてくるけど・・・
R&Bならなんといってもこのころは

「D'Angelo(ディ・アンジェロ)」じゃろい!^+^!

そんな時代に
今回けっこうツッコミ入れてる
「Joe Lovano(ジョー・ロヴァーノ)」って
かなり精力的に演奏活動してるんですねえ!@v@!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!

アルバート・アイラーやら


アーチ・シェップらとはまた違って

どっちかというともっと現代音楽っぽいかも!>。?


もちのろん、こんなに簡単にはドタマに入っていきませぬが・・・・・

ということで・・・
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

Paul Motianポール・モチアン), Bill Frisellビル・フリゼール) & Joe Lovano(ジョー・ロヴァーノ)/Sound of Love【AMU

f:id:syogai1programa:20200901200129j:plain
Paul Motianポール・モチアン), Bill Frisellビル・フリゼール) & Joe Lovano(ジョー・ロヴァーノ)/Sound of Love【AMU

1. Misterioso{13:27}
2. Duke Ellington’s Sound Of Love{09:13}
3. Mumbo Jumbo{07:31}
4. Once Around The Park{06:52}
5. Good Morning Heartache{08:59}
6. Epistrophy{07:15}
7. Play{06:08}

Paul Motian(ds)
Bill Frisell(g)
Joe Lovano(ts)

1995年6月7日~10日
Village Vanguard, NYC.

1997年リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
9月3日
<ウォーキング(5.9Km)>