syogai1programaのブログ

生涯一プログラマのブログ

お爺の漁場(2021)《本棚から脳に栄養補給!v^^<No.2>》|音楽(器楽合奏)(NDC:760.4)|『小澤征爾さんと、音楽について話をする』/村上春樹/新潮文庫|『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番/カラヤン指揮 ベルリン・フィル/グレン・グールド(ピアノ)』はどうよ<?_?>

AMU】==【AmazonMusicUnlimited】
SPD】==【SpotifyDownloads】

f:id:syogai1programa:20210507181622j:plain
「ナヨクサフジ」の・・・
お豆さんが・・・
できてきましたよ!v^^v!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この[村上春樹]の本は
けっこう前から読んでいたような・・・

6年前のこの記事に
ちびっと出てくるので
やっぱそうだけど!<+*+>!
ジャラホイッツ!ドッタンニャ!クレンポ!

村上春樹]と音楽は
引っ剥がせないカンケーなので
クラシックではたとえば・・・
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の
『リスト:巡礼の年』とか・・・

最近のFM放送のチェックでは
『村上RADIO』とかとかりんりん


でも最近聴いてないニャ~^・^;

っまおいといて・・・

この本==『小澤征爾さんと、音楽について話をする』の
最初に出てくる曲が
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番」で
レナード・バーンスタイン指揮 ニューヨークフィル
グレン・グールド(ピアノ)
Brahms: Piano Concerto No. 1, Gould & Bernstein (1962)〉

この話が
イントロになっていて
最初のAメロがというと・・・
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番」どす!v^^v!
ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!ドウジャ!
〈ライヴ録音 1957 ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 グールド,BPO&カラヤン

この録音の
スッタモンダが
「ふ~ん、そうなんだ!@_」
ってな感じで面白いかも!<+>・<+>!
どうよ!<?_?>!ドウヨ!どうよ!<?_?>!

グレン・グールド(Glenn Gould)]といえば
なんといってもバッハの〔ゴルトベルク変奏曲〕っしょ!\^^/
ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!ドウダ!

 バッハ Bach: ゴルトベルク変奏曲 Goldberg Variations BWV988/
 グレン・グールド Glenn Gould 1955/レコード/高音質


81年の録音では・・・

これもフルアルバム上がってるのか!<@>・<@>!

ということで・・・
1957年の
ベルリンでのライブ盤を
聴きませう!v^^
マセウ!マセウ!マセウ!

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番、シベリウス交響曲第5番グレン・グールド(ピアノ)カラヤン指揮 ベルリン・フィルAMU】【SPD

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ハ短調 作品37》
1. 第1楽章<Allegro con brio>(Live){16:19}
2. 第2楽章<<Largo>(Live){09:30}
3. 第3楽章<Rondo. Allegro>(Live){10:08}

シベリウス交響曲第5番変ホ長調 作品82》
4. 第1楽章<Tempo molto moderato - Largamente Allegro moderato>(Live){12:25}
5. 第2楽章<Andante mosso, quasi allegretto>(Live){07:45}
6. 第3楽章<Allegro molto - Largamente assai>(Live){10:14}

1957年5月26日
ホッホシューレ・ザール、ベルリン

2008年リリース

ほにゃにゃ~

----- ウォーキング、ジョグ -----
5月7日
<ウォーキング(7.2Km)>